1. TOP
  2. Webサービス
  3. Android
  4. Android Studio 1.0がリリース!Android Studio Beta v0.8.14からアップグレードさせてみた。

Android Studio 1.0がリリース!Android Studio Beta v0.8.14からアップグレードさせてみた。

|

android_sdk0

android_stduio1.0_1

12月9日にAndroid Studio 1.0 がリリースされました。概要がGoogle開発者ブログにも、お知らせされています。ですが、既存のAndroid Studioからのアップグレードについては、詳しく書かれていません。

というわけで、今回は自分でぐぐりながら、アップグレードさせてみました。前提となる、自分の環境は以下の通りです。

  • ローカルPC→Windows8.1
  • Java→jdk-7u71-windows-x64.exe
  • Android Studio→Beta v0.8.14

Android Studio1.0への移行手順

以前、自分のブログで、sdkフォルダをandroid studioフォルダの直下に入れることを書きました。しかし、今回のバージョンUPでは、そのsdkフォルダは外に出さなければならないようです。

1.sdkフォルダの確認

android_stduio1.0_2

sdkフォルダが、android studioの直下に入っていることを確認します。

2.sdkフォルダをcドライブの直下に配置

android_stduio1.0_3

sdkフォルダを、Cドライブの直下に配置。android studioと同じ階層にします。

3.SDKのパスを示す

android_stduio1.0_4

Android Studioを立ち上げると、SDKのパスを示すように言われますので、“C:\sdk”と入力し、[OK]とします。

4.Check for Update

android_stduio1.0_5

Android Studioが立ち上がりますので、[Help]→[Check for Update]とします。

5.Upadate and Restart

android_stduio1.0_6

現在使用しているv0.8.14から、v0.9.9へのアップグレードが促されます。一番左端にある[Upadate and Restart]をクリックします。

6.v0.9.9へのアップグレード

android_stduio1.0_7

v0.9.9へのアップグレードが完了しました。もちろんこれはv1.0ではありません。

7.v0.9.9からv1.0へのupgrade

android_stduio1.0_8

もう一度、[Update and Reatart]から、上記5と6の作業を繰り返します。つまりv0.8.14を基準にすると、アップグレードを2回しなければならないということです。

8.gradleのupdateは無視

android_stduio1.0_9

JDKから、gradleのupdateに関するボックスが表示されます。とりあえず、何も考えずに[proceed]を押します。gradleの問題については後述します。

9.v1.0へのupgradeが完了

android_stduio1.0_10

android_stduio1.0_11

8の作業が完了すると、Android Studio v1.0が新しく立ち上がります。

その他気付いたこと2つ

一連のアップグレード作業を行って気付いたことを、メモしておきます。

1.Macとsdkフォルダ

2で、sdkフォルダをandroid studioの外に出しましたが、これはWindowsとLinuxの場合の作業です。

Macの場合は、[Android Studio.app] を右クリックし、[Show Package Contents] という流れになります。詳しくは、Qiitaの記事が参考になると思います。

2.gradleについて

android_stduio1.0_12

9の作業で、gradleのupdateに関するボックスが出たせいか、v1.0のupdateが完了しても画面の左下を見ると、gradleに関するエラーが表示されています。

このエラー処理については、次回の記事で説明していきたいと思います。

〔参考サイト〕