1. TOP
  2. Webサービス
  3. MySQL
  4. MySQL5.5のバージョンUPするときにパスワードの設定ができなかったので、mysqladmin passwordコマンドを使うとできるようになりました

MySQL5.5のバージョンUPするときにパスワードの設定ができなかったので、mysqladmin passwordコマンドを使うとできるようになりました

|

database

「さくらのクラウド」でデフォルトのLAMP環境をインストールすると、MySQLは5.1系を使うことになります。

個人的にMySQLは5.5以上を使いたかったので、バージョンUPさせる必要があります。ドットインストールで公開されている、レッスンを見れば概ねそのやり方は分かります。

MySQLをいれてもパスワードが設定できない

しかし、私がWindows環境なせいか、5.1から5.5にバージョンUPをしたときのパスワード設定が上手くいきません(ドットインストールはMac環境で説明)。

epelとremiレポジトリをダウンロード。さらにMySQL5.5をインストールしたあとに、

$sudo /usr/bin/mysql_secure_installation

とすると、

Enter current password for root (enter for none):

というメッセージがでてきます。ググってみると、たいていのサイトは、このときEnterキーを押せば良いと書かれていて、Set root password? [Y/n]
と聞かれることになっています。

しかし私の場合、何度やってもパスワードの設定をたずねるメッセージは表示されず、

Enter current password for root (enter for none):

となります。rootパスワードを設定していないので、MySQLサーバー立ち上げ後にログインしようとしても、ログインはできません。困った(汗

mysqladmin

mysqladminで新しいパスワードを設定

原因が分からなかったので、「パスワードを忘れた」ということにして、MySQLのドキュメンテーションを見ながら、mysqladmin password コマンドを使ってみました。

sudo mysqladmin -u root password 'mynewpassword'

こうすると「新しいパスワード」にリセットすることができ、MySQLにrootでログインすることができるようになりました。

他のコマンドもあるけど上手くいかなかった

「パスワードをリセットする」場合、MySQLのドキュメンテーションや、他のサイトを見ていると、

mysqld_safe --skip-grant-tables
mysql -u root mysql

といったコマンドでも良い、といったことが書かれたりしますが、私の場合これらのコマンドでは、「新しいパスワード」を設定することができませんでした。謎だ。

〔参考サイト〕