1. TOPTOP
  2. インフラ
  3. GitHub
  4. Windows+Linuxの環境でGitHubのリポジトリにgit pushしたときにHTTP request failedが出たときの対処方法

Windows+Linuxの環境でGitHubのリポジトリにgit pushしたときにHTTP request failedが出たときの対処方法

|

wbosaka2

先日、第27回WordBench大阪 初心者向けGit/GitHubの基本解説とハンズオンに行ってきました。実は私一人だけが、 Windows+Linux の環境であったために困ったことがありました。

改めてGitHubについて復習してみると、Macの黒い画面ユーザーの方でも本番環境などで、いつもと違うサーバーからGitHubを使う時にぶち当たることかもしれません。

git push したときにThe requested URL returned error

例えばhello_world.phpファイルをGitHubにpushしてリポジトリを更新しようと思えば、次のようなコマンドになるでしょう。

$ git clone https://github.com/username/Hello-World2.git
$ git add hello_world.php
$ git commit -m "Add hello world"
$ git push

しかし、私のようにWindows+Linux の環境では、次のようなエラーが出ます。LinuxのサーバーからHTTPSの認証を使って、git pushしようとしたからだと思います

git push1

error: The requested URL returned error: 403 while accessing
https://github.com/echizenya/Hello-World2.git/info/refs
fatal: HTTP request failed

解決方法

解決するためには、次のコマンドを入力します。

$ git remote set-url origin https://username@github.com/username/Hello-World2
$ git push -u origin master
Password:(GitHubのアカウント作成時に登録したパスワード)

実行して数秒後すると、hello_world.phpがmasterにpushされます。

〔参考サイト〕