1. TOP
  2. インフラ
  3. WinSCPでSFTP(Port22)による転送をするときには専用の秘密鍵が必要

WinSCPでSFTP(Port22)による転送をするときには専用の秘密鍵が必要

|

LAN

LANの構成

さて。今回も本を見ながらサーバーを立てていたときに
困っていて解決したお話を1つ。
本文中で言えば、P.193あたりのお話です。

困りごとの内容

WinSCPの22番ポートで
サーバーに接続してファイルを転送したい。

困りごとの詳細

クライアントPCからLinuxサーバー(CentOS6.0)の
一般ユーザのホームディレクトリに
WinSCPを使って以下の条件で
ファイルを転送しようと考えています。

  • File Protcol:SFTP
  • Port number :22

しかし、転送のための接続をしようとすると、
下記の画像のようなエラーが出ます。
接続するためにはどうすれば良いでしょうか?

WinSCP
解決方法

Putty形式のWinSCP専用の秘密鍵を作成し、WinSCPに登録する。

1.PuTTYgen起動
(WinSCPをインストールしていれば同時にインストールされている)

2.File

3.Load private key

4.すでに作成済みの秘密鍵を選択し、ppk形式でファイルを保存

5.Load

6.WinSCPを起動

7.Adavanced

8.Authentication

9.Allow Agent Fowardingにチェックを入れる

10.Private key file:に新しく作成したppk形式のファイルを選択

winscp_id_rsa

※10.の作業は一度登録すれば、終わりというわけではなく、
SFTPでアクセスするたびに必要な作業のようです(私が調べた限りは)。

いちいちこの作業をしなくても済むような方法を、
どなたかご存知でしたら、ご教示願います。

【参考サイト】

ryukaku33-diary WinSCP用に秘密鍵を変換