1. TOP
  2. Webサービス
  3. Android
  4. Android Studio 1.0がリリース!Android Studio Beta v0.8.14からアップグレードさせてみた。gradleのエラー処理について

Android Studio 1.0がリリース!Android Studio Beta v0.8.14からアップグレードさせてみた。gradleのエラー処理について

android_sdk0

android_stduio1.0_1

前回の記事で、Android Studio Beta v0.8.14を、Android Studio 1.0にアップグレードさせてみました。

android_stduio1.0_gradle_error1

しかし、ただアップグレードをさせてただけでは、上記の画像のようにgradleにエラーが出ます(左下と右上)。

Android Studio 1.0のプロジェクトと、gradleのプラグインが上手く適合していないようです。今回はこのエラーを直してみましょう。

runProguardをminifyEnabledに

といっても直し方は簡単です。Stack Overflowで同じ悩みを抱えている方がいらっしゃいましたので、参考にさせていただきました。

[Gradle Scripts]→[build gradle(Module app)]に移動して、runProguardのところを、minifyEnabledにすれば良いだけです。

buildTypes {
        release {
            runProguard false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }
buildTypes {
        release {
            minifyEnabled false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }

android_stduio1.0_gradle_error2

画像で示すと、こんな感じになります。

新しいプロジェクトと引き継いだプロジェクト

ちなみにAndroid Studio 1.0にアップグレードさせた後に、立ち上げた新しいプロジェクトは、最初からminifyEnabledになっています。

古いバージョンのAndroid Studioからのアップグレードに伴って、引き継がれたプロジェクトについてのみ、runProguardのところを、minifyEnabledにする必要があります。

〔参考サイト〕