1. TOP
  2. Webサービス
  3. Android
  4. Android Virtual Device(Android5.0 Lollipop)の作成で使う仮想マシンは”hdpi(高解像度)”のものを選ぶ。Nexus S、Nexus Oneなど

Android Virtual Device(Android5.0 Lollipop)の作成で使う仮想マシンは”hdpi(高解像度)”のものを選ぶ。Nexus S、Nexus Oneなど

android_sdk0

前回の記事で、AVD(Android Virtual Device)の作成・起動方法に関する記事を書きました。最後の方で、エミュレーターとしてどの仮想マシンを使えるかは、結構ややこしいと述べています。

avd_emulater1

ではどの仮想マシンを使えばよいのか?今回は、主だったものについて、分かりやすく表にまとめてみました。前提となる環境は、以下の通りです。

  • ローカルPC → Windows8.1
  • Android Studio→Beta v0.8.14
  • 開発バージョン → Android5.0 API21
  • Intel x86 Atom Systme Image → インストール済
  • IntelHAXM → インストール未

使える仮想マシン一覧

行に仮想マシンの種類を、列にABIの種類をとっています。エミュレーターとして立ち上がった組み合わせは〇、立ち上がらなかった組み合わせは×と表記しています

また、スマホアプリの開発を前提としていますので、デバイスのカテゴリーは、”Phone”としています。

[table id=3 /]

エミュレーターは「高解像度」のものを

見ていると、Destinyが“hdpi”のものしか、受け付けてもらえないようです。

dpiとは、「1インチ辺りのピクセル数」のことを指し、それが”high”である。つまりディスプレイが、「高解像度」のもしかエミュレーターとして動作しないというような感じです。

〔参考サイト〕