1. TOP
  2. Webサービス
  3. Google
  4. 【初心者ブロガー必見】自分の好きなネタでアクセス数を稼ぐ!Google AdWords キーワードプランナーの使いかた

【初心者ブロガー必見】自分の好きなネタでアクセス数を稼ぐ!Google AdWords キーワードプランナーの使いかた

|

keyword_plannner0

ブログを書いていると、アクセス数やどの記事がたくさん読まれているか、非常に気になります。そのようなとき、分析ツールとして挙げられるのが、Google AnalyticsやWebマスターツ―ルです。

しかし、ブログの記事が少ないうちは実績が少なく、これらのツールによる事後的なデータを根拠にして、関連のある記事を書くべきかどうか、判断に迷うことがあります。

そんなときに使えるのが、キーワードプランナーという無料サービスです。今回はその使い方をご紹介しましょう。

キーワードプランナーの使い方

キーワードプランナーとは、Google Adwordsの機能の1つで、あるキーワードの月間検索数や競合性を調べることができるツールです。

本来はGoogleに広告を出稿するときに使うツールですが、ブログを書くときのネタ集めにも使おうということです。

1.トップ画面にアクセス

keyword_plannner

キーワードプランナーの画面にアクセスし、[AdWordsにログイン]をクリックします。

2.キーワードの入力

keyword_plannner2

[新しいキーワードと広告グループの候補を検索]をクリック。任意のキーワードを入力し、[候補を取得]ボタンを押します。

3.検索ボリュームの確認

keyword_plannner3

入力したキーワードの検索ボリュームが表示されます。棒グラフの下に、そのキーワードと関連性が高いキーワードが表示されます。

使い方の具体例

検索ボリューム数

keyword_plannner4

例として、「京都嵐山」の検索ボリュームを調べてみました。ここ一年間を通じて、100万回(800K~1.2M)前後の検索回数があるようです。「京都嵐山」だけあって、観光シーズンに検索が多くなるようです。

ちなみに、[広告グループ候補]と[キーワード候補]という2つのタブがありますが、どちらを表示させても、ほぼ同じです。

関連性の高いキーワード

keyword_plannner5

[月間平均検索ボリューム]をクリックし、画面を下の方にスクロールすると、「京都嵐山」と関連性の高いキーワードが順に表示されます。個人的には、「オルゴール(京都オルゴール博物館)」や「モンキー(モンキーパークいわたやま)」が、気になります。

モバイル端末の比率

keyword_plannner6

棒グラフの右上にある[検索ボリュームの傾向]をクリックし、そのうちの[モバイルの動向]をクリックします。すると検索ボリュームのうち、モバイル端末による検索の比率が分かります。

キーワードプランナーで「両立」

もちろんGoogleの検索エンジンにかかるかどうかは、競合サイトや記事の内容にもよります。

ですがキーワードプランナーを利用して、好きなこととアクセス数の両立をはかる記事を書いてみるのも、ブログサイトを運営していくときの、1つの工夫でしょう。

〔参考サイト〕