1. TOP
  2. Webサービス
  3. WordCamp Kanasai 2015の実行委員をやってみて「8つの良かったこと」

WordCamp Kanasai 2015の実行委員をやってみて「8つの良かったこと」

wordcamp2015

WordCamp Kanasai 2015が終わりました。つい数日前まで、イベント当日に向けて広報用の文章を書きまくっていたのが、夢のような感じです。

イベント終了後、家に戻って目に入るものは、見慣れた机やパソコン、書類あれこれ。あいかわらずいつもと同じものなんですが、まるで違った空気をまとったように見えます。

そうやって景色がまるで違って見えるのは、実行委員として参加させてもらい、その活動が心から「良かった!」と思ったからでしょう。

wordcamp2015

やってて良かった実行委員

今から挙げる自分の「良かった!」と思うことの中には、見かたによっては「そんなん当たり前やん!」ということがあるかもしれません。

ただ個人的には実行委員を引き受けるまで、ほとんど「引きこもり」状態で、社会とのつながりをほとんど絶っていたという特殊な事情がありました。

1.WordCampのコミュニティに誘ってもらえたこと

そもそも実行委員をすることになったのは、実行委員長から直々のお誘いがあったからです。それがなかったら一般参加者として来て、「ひとりで来てひとりで帰る」イベントで終わっていたでしょう。

2.自分の名前を呼ばれること、頼りにされたこと

「引きこもり」をやっていると、身内以外に自分の名前を呼ばれることは滅多にありません。ですが実行委員として活動をすればするほど、自分の名前を呼ばれることになります。そのうち人に頼りにされることに快感を覚え、活動にだんだんとハマっていきました。

3.WordCampの活動を通してスムーズな会話ができたこと

広報活動のひとつとして、京都や大阪のコワーキングスペースさんにポスターを持っていきました。すると「あー実行委員の人ですか!どうぞどうぞ貼っていってください」と歓迎されます。もちろんWordCampの看板を背負っているからなんですが、それでも決して悪い気はしません。そのとき「実行委員でどんな活動をされてるんですか?」とも聞かれるので、共通の話題でスムーズな会話ができます。

4.WordCamp Kanasai 2014で知り合ったかたに覚えてもらえたこと

ひょっとしたら実行委員をやっていなくても、顔と名前を覚えてていただいていたのかもしれません。ただWordCamp実行委員のということで、より鮮明に記憶を残してくれていたように思います。

5.他のコミュニティや勉強会で知り合ったかたと再会できたこと

イベント当日では、WordPressとは直接関係のないコミュニティで知り合ったかたとも再会できました。WordCampって本当に知名度の高いイベントなんですね。「また会えました!」という軽いノリで打ち解けることができます。

6.Facebook上で「いいね!」をもらえる数が増えたこと

いろいろな方と顔を合わす回数が増えたり、共通の話題で盛り上がったりすると、Facebookで「いいね!」をもらえる回数が多くなります。数が全てではありませんが、増えて嬉しくないはずはありません。

7.自分で書いたブログについて感想を聞かせてもらえたこと

実行委員会内で広報を担当していたため、ブログ記事を書かせてもらう機会に恵まれました。確かにすべてひとりの力で書いたわけではありません。それでも自分の記名記事について、「分かりやすかった」、逆に「分かりにくかった」というダイレクトな反応をいただけることは、ブロガーとして大変貴重な経験です。

8.人のニーズを考えながら情報を発信するようになったこと

実行委員として情報を発信するときは、他の実行委員の方のチェックを必ず受けます。WordCampに興味がある方は、どんな情報を期待しているのか?すでに何年もオープンソースコミュニティの活動をされている方から、直接アドバイスを受けることができます。相手のニーズを考える習慣が身につきます。

ひさしぶりの笑顔ができました

もちろん「良かった!」と思うことの反面、「キツかった、しんどかった!」と思うこともたくさんありました。でも、まあそれは「喜び」を得るための対価ですから。無知のせいで、他の実行委員の方の足を引っ張ってしまったという苦い反省もあります。

本当に個人的な都合ですが、自分は6年前に患った双極性障害(躁うつ病)のため、社会と隔絶した生活を送っていました。心の底から笑うということも、すっかり忘れていたと思います。ですが、WordCamp Kanasai 2015の活動を通じて、ひさしぶりの笑顔を取り戻すことができました。

実行委員をやってて本当に良かったと思います。関係者のみなさま、本当にありがとうございました!(あと残務整理まで頑張ります)

〔参考サイト〕