MENU

ちむどんどん 映画音楽風の劇伴〜オーケストラを使ったド派手なイメージで視聴者がちむどんどん

chimudondon_gekiban_0

NHK朝ドラちむどんどんでは、まるで映画音楽のようなド派手な劇伴(劇伴)が使われる予定があるそうです。その名も「伝説の料理人の伝説」です。朝ドラのイメージからかけ離れたイメージで、視聴者のこころに大きく刺さるのではないでしょうか。

連続テレビ小説 ちむどんどん Part1 (1) (NHKドラマ・ガイド)によると、この音楽は暢子(黒島結菜さん)が上京して、イタリア料理店「アッラ・フォンターナ」で働いているときに使われるそうです。

目次

ちむどんどんとオペラ風挿入歌

ちむどんどんの音楽を担当している帆足圭吾さんは、オーケストラをたくさん使った分かりやすく派手な音楽を作曲されるそうです。視聴者は朝ドラを見ながら、耳が「ちむどんどん」するかもしれません。

ちむどんどん第4週「青春ナポリタン」(第17回)では、下地響子が比嘉歌子を訪ねて比嘉家にやってきたとき、オペラ風の挿入歌が流れました。

Twitter上ではそのことがずいぶん話題になっているようです。これから登場する映画音楽風の劇伴はどんな曲で、どんな反応があるのか今から楽しみです。

chimudondon_gekiban_0

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次