1. TOP
  2. Webサービス
  3. PayPal
  4. PayPal SandBoxで電子マネーによる決済を体験(その1) #PPUG #PayPal

PayPal SandBoxで電子マネーによる決済を体験(その1) #PPUG #PayPal

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_0

PayPalには、PayPal SandBoxというPayPal内で完結するセキュリティシステムがあります。そのSandBoxアカウントで架空のショッピングを体験することができます。今回は売り手の立場に立ってノンコーディング・ノンプログラミングでECサイトをローカル開発環境で立ち上げてみましょう。

PayPal SandBoxの紹介とアカウント取得方法

PayPal SandBoxはローカル開発環境でネットショップを開発し、とりあえず電子マネー(電子的決済手段)による決済などができるかどうか試してみたい時などに使います。PayPal SandBoxのアカウントの作成については、先日当ブログで紹介した下記の記事が参考になります。

以降の説明はPayPal SandBoxのアカウントを取得した前提で進めてまいります。

WordPressのインストール

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_1_1

まずローカル開発環境にWordPressをインストールしましょう。今回の記事はWordPressをインストールすることについて、主眼を置いた記事ではありませんので、下記の記事などを参考にしてご自身でインストールしてみましょう。

ちなみに今回紹介する記事では、WordPress専用の開発環境であるWockerを使用しています。

公式テーマStorefrontのインストール

次にインストールしたWordPressをネットショップ専用のテーマに変更します。もちろん自前で一からテーマを作成することも可能ですが、テーマ作りに自信がない方は、WordPress.org の公式ディレクトリテーマに挙げられている、Storefrontを使うと良いでしょう。

Storefrontのインストール

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_1_2

WordPressの管理画面に移動して、外観 → テーマをクリックします。次に表示されるテーマという画面で新規追加のボタンを押します。この画面で検索ボックスに”Strorefront”と入力します。すると上記の画像が表示されますので、Storefrontにカーソルを当てます。するとインストールのボタンが表れますのでクリックします。

Storefrontの有効化

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_1_3

インストール後、有効化というボタンが表示されます。ボタンをクリックすると、引き続きショッピングカートの公式プラグインであるWooCommerceのインストールと設定することを促す画面が表示されます。

WooCommerceの有効化と設定

Install WooCommerceというボタンをクリックすると、WooCommerceのインストールが始まります。

プラグインの有効化

インストールが完了すると、プラグインの有効化を促す画面が表示されます。有効化ボタンをクリックします。

WooCommerceの設定

WooCommerceの設定画面が始まります。Let’s goのボタンを押します。続いてPage setupでは、continueのボタンを押して設定作業を進めます。

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_1_6

Store location setupの画面で、主たる営業所の場所、通貨、消費税の取り扱いについての設定を行います。設定作業を完了させたのちに、continueをクリックします。次に重量や大きさの単位を確認する画面が表示されますので、任意の単位を設定してcontinueをクリックします。

PayPalの設定と商品の登録開始

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_1_7_4

今回は決済サービスとしてPayPalを使用します。PayPalとPayPal standardにチェックを入れて、PayPal SandBoxで取得したビジネスアカウント用のメールアドレスを入力し、continueボタンをクリックします。

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_1_8

するとYour Shop is ready!の画面が表示されます。create first productをクリックします。

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_1_9

Add new productが表示されますので、ここから実際に自分が販売したい商品やサービスの登録ができます。

WooCommerceの日本語化

WooCommerceの表示はすべて英語で行われてきましたが、日本語による表示も可能です。その場合、Add new productの左上の画面にある、更新ボタンをクリックします。

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_1_11

すると翻訳を更新という画面が表示されますので、画面の下部にある翻訳を更新というボタンをクリックします。これでWooCommerceで商品を登録するときは、日本語の案内に基づいて登録することができます。

PayPal SandBoxの有効化

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_1_12

最終的な目標はPayPal SandBoxで決済を行うことです。あらかじめその機能を有効にする必要があります。管理画面の左サイドバーにあるWooCommerceのメニューから設定をクリックして、購入手続きのタブをクリックします。

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_1_13_2

画面を下にスクロールして、決済方法表示順でPayPalのボタンをクリックすると、PayPalによる決済の設定が表示されます。その中でPayPal サンドボックスのメニューチェックを入れて有効化します。

商品の登録

次は実際に決済をするための商品を1つ登録しましょう。まず左サイドバーにあるWooCommerceの商品から新規登録をクリックします。

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_3_3

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_3_4

とりあえず新商品を1つだけ登録します。今回は上記の画像のように情報を入力しました。他にも登録する箇所はありますが、詳細は割愛します。ある程度の情報が登録できれば、下書き保存をして商品を公開します。

paypal-sandbox_settlement_wp_woo_paypal_1_14

管理画面からトップ画面に戻ってナビメニューのShopをクリックすると、商品が1つ登録されていることが分かります。以上でPayPalで商品を決済をするためのネットショップが出来上がりました。次回の記事では、買い手の目線に立って、このみかんをPayPal口座の電子マネーを使って購入・決済しましょう。