MENU

ちむどんどん 挿入歌 イタリアオペラ調の曲の歌詞や歌手について。東京・鶴見編、アッラ・フォンターナ

chimudondon_sounyuka_opera_0

NHK朝ドラちむどんどん東京・鶴見編の劇中で使われるイタリアオペラ調の挿入歌の歌詞は、架空の言語が使われているとのことです。

ちむどんどんのドラマガイドによると、イタリアオペラ調の挿入歌以外の歌もすべては架空の言語が使われていると、ちむどんどんの音楽担当の帆足圭吾さんがおっしゃっています。

目次

ちむどんどんの挿入歌とEmi Evans(エミ・エヴァンス)さん

2022年4月30日土曜日の時点では、「クラシック歌手」が歌うというだけで、誰が歌うかということについては公表されていません。でもどなたが歌うのか気になります。

ちむどんどん第1週では沖縄を思い起こさせるような挿入歌が流れたときは、どなたが歌ってたの気になりましたが、イギリス出身のEmi Evans(エミ・エヴァンス)さんということでした。

ちむどんどん東京・鶴見編でアッラ・フォンターナのシーンがうつされるとき、どんなイタリアオペラ調の音楽が流れるのか、誰が歌うのか非常に楽しみです。

chimudondon_sounyuka_opera_0

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次