1. TOP
  2. Webサービス
  3. PayPal
  4. BraintreeSDKを利用してPayPal ExpressCheckoutを実装する その2(Express4.xのインストール)

BraintreeSDKを利用してPayPal ExpressCheckoutを実装する その2(Express4.xのインストール)

|

braintree_payments_1_1

いまGitHubに上がっているBraintreeSDKのデモサイトを写経して、PayPal ExpressCeckoutを利用した簡単なネットショップを作成したいと考えています。そのためにBraintreeSDKを利用してPayPal ExpressCeckoutを実装する その1では、用語説明や予備知識、必要となるツールをご紹介しました。

BraintreeSDKNodeDemoではNode.js用のWebアプリケーションフレームワークであるExpressが使われています。今回の記事では、今回の記事ではそのExpressをmacOSにインストールするところをご紹介します。

package.jsonの作成

anyenvによるNode.jsがすでにインストールされている前提で、Expressのインストールについてご紹介します。

作業ディレクトリの作成

$ mkdir Braintreetest
$ cd Braintreetest

まずアプリケーションを作成する作業ディレクトリを作成します。今回は任意の名前として”Braintreetest”というディレクトリを作成します。

package.jsonの作成

$ npm init

次に”npm init”コマンドを使用して、アプリケーション用のpackage.jsonファイルを作成します。package.jsonとはパッケージ管理ツール(npm)であり、外部モジュールとの依存関係を示したファイルのことを指します。

Press ^C at any time to quit.
name: test ← 任意の文字列を入力
version: (1.0.0)  ← returnキー
description: BraintreeSDKNodeDemo ← 任意の文字列を入力
entry point: (index.js)  ← returnキー
test command:   ← returnキー
git repository: https://github.com/echizenyayota/Braintreetest ←アプリに関するGitリポジトリのURLを入力
keywords: Braintreetest ← 任意の文字列を入力
author: echizenya ← 任意の文字列を入力
license: (ISC) MIT ← 任意のライセンスを入力
About to write to /Users/myusername/Braintreetest/package.json:

{
  "name": "test",
  "version": "1.0.0",
  "description": "BraintreeSDKNodeDemo",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "repository": {
    "type": "git",
    "url": "git+https://github.com/echizenyayota/myapp.git"
  },
  "keywords": [
    "BraintreeSDK"
  ],
  "author": "echizenya",
  "license": "MIT",
  "bugs": {
    "url": "https://github.com/echizenyayota/myapp/issues"
  },
  "homepage": "https://github.com/echizenyayota/myapp#readme"
}
Is this ok? (yes) yes

“npm init”コマンドを実行すると、依存関係を指定します。”license:”の入力が終わると依存関係の確認が行われます。問題がなければ”yes”を入力します。

package.jsonの確認

$ pwd
/Users/myusername/Braintreetest
$ ls -la
-rw-r--r--    1 myusername  staff   279 12 31 17:53 package.json

Braintreetestのディレクトリを確認すると、package.jsonファイルが完成していることが分かります。

Expressのインストール

依存関係を示すpackage.jsonファイルが出来たので、Expressをインストールします。

$ npm install express --save

paypal_braintree_payments_2_2

インストールのコマンドを実行すると上記のような画像が表示されます。

$ pwd
/Users/myusername/Braintreetest
$ ls -la
drwxr-xr-x    3 myusername  staff    96 12 31 18:12 node_modules
-rw-r--r--    1 myusername  staff   279 12 31 17:53 package.json

またmyappディレクトリを確認すると、新しくnode_modulesがインストールされていることが分かります。次回の記事ではインストールしたExpressを使って、ブラウザに”Hello World!”を表示させてみましょう。