1. TOPTOP
  2. Web学習法
  3. concrete5
  4. concrete5大阪勉強会 第26回~concrete5ってどんなCMS?

concrete5大阪勉強会 第26回~concrete5ってどんなCMS?

|

1_1

本日は、concrete5大阪勉強会 第26回のご紹介です。

以前、WordBench京都で出席者の方から、「直感的に操作できるCMSがある」と教えてもらったことがあります。それから気になっていたので参加してみました。

個人的には本を読むだけでは、行動にうつさないので、とりあえず体を動かしてみました。今回の記事は、そのときのメモを、箇条書きにまとめたものです。

concrete5(コンクリート・ファイブ)とは
ウェブサーバー上で、誰でも簡単に、しかも直感的にホームページの運営管理が出来る、手軽で画期的なCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。

はじめてのconcrete5(concrete5ってどんなCMS?)

concrete5とは

concrete5の特徴

  • Webページの各部をDrag&Dropで移動させることができる
  • ページの中に直接ブロックを追加することができる
  • ページの編集履歴機能。バージョンを最新にしたり、元に戻したりすることができる
  • 細かく権限を設定することができる
  • サイトマップはツリー構造で管理されている
  • ブロックを追加できる領域(エリア)について
  • concrete5を使ったサイト(とるナビ)の紹介

concrete5構築事例紹介

お客さんに更新してもらう機能をどうやって実現しているか?(中根紳一さんから)

MVCとconcrete5(杉山敦さんから)

インブラウザデザインとconcrete5でサクサクWebサイト制作!(しかたこうきさんより)

Designing in Browserについて

  • インブラウザのメリット(納期が短くなる。各工程での遅れを吸収できる)
  • デザインカンプのデメリット(カンプでは動的な要素がイメージしにくい。クライアントがイメージしにくいなど)

TIPS

concrete5サイトのインストールから立ち上げまで

  • サイトマップ案の完成
  • フォルダのダウンロード
  • データベースの作成(phpmyadmin)
  • インストール
  • サイトマップの作成
  • スタックの追加
  • グロナビの設定
  • 子ページの追加
  • トップページの追加
  • 記事の追加
  • レイアウトの編集

感想

私の場合、WordPressもたいがい直感的に扱っていますが、concrete5はさらに直感的ですね。次は公式ガイドブックを手に入れて読んでみます!