1. TOP
  2. あれこれ
  3. freee
  4. PayPalの銀行引き落とし機能を使ったときに行うfreeeの会計処理

PayPalの銀行引き落とし機能を使ったときに行うfreeeの会計処理

|

paypal_bank_free_account_treatment

PayPalが2018年9月27日から銀行口座から決済できる新サービスの利用を開始しました。新サービスはすでに2018年6月25日にアナウンスされていたサービスが実現したものです。

今回の記事では実際にPayPalのビジネスアカウントを保有している人が、銀行の口座振替サービス(銀行引き落とし)を使って、商品やサービスを購入したときに行うfreeeの会計処理についてご紹介します。

PayPal/銀行の「自動で取引」の処理方法

PayPalの決済において銀行の口座振替サービスで商品やサービスを購入した場合、freeeでは入金に関する処理と出金に関する2つの処理が必要になります。

入金明細の処理方法

paypal_bank_free_account_treatment_1

freeeのダッシュボードから[取引]→[自動で取引]の画面に進むと、freeeで仕訳をされる前の記録が上がっています。PayPal決済において口座振替サービスを使っている銀行がfreeeの口座として登録されていると、入金明細と出金明細が続けて表示されます。

なお、ここでいう入金明細とは銀行口座からPayPal口座に入金することを表します。また出金明細とは実際に経費を使ったことを表します。

paypal_bank_free_account_treatment_2

まず入金明細を処理するために「PayPal その他(transfer)Bank Account」 の列全体をクリックします。

paypal_bank_free_account_treatment_3

freeeと銀行口座の間で口座の同期の手続きが完了していると、216円の取引は銀行側で引き落とされます。したがってこの入金明細では[無視する]をクリックします。

paypal_bank_free_account_treatment_4

プライベートな取引であるかどうか確認を求められます。今回の取引は新聞図書費を支払うために銀行口座からPayPal口座に入金をするので、[無視する]というラジオボタンを選択して、もう一度[無視する]のボタンをクリックします。

出金明細の処理方法

paypal_bank_free_account_treatment_5

入金明細の処理が完了すると、引き続き出金(支払い)明細を処理するための画面が表示されます。勘定科目を入力して[登録する]ボタンをクリックします。

paypal_bank_free_account_treatment_7

仕訳帳を確認すると借方に新聞図書費、貸方にPayPalが記録されたことが分かります。

paypal_bank_free_account_treatment_7_3

3営業日後に銀行口座からPayPal口座へ口座振替されたときの仕訳です。今回の例では、口座振替がされるまでに3営業日の期間がありました。

クレジットカードを使用するときとの比較

paypal_bank_free_account_treatment_8

ちなみに今回は銀行の口座振替サービスを使ったときのPayPal決済に説明しましたが、クレジットカードを使ってPayPal決済するときの会計処理と同じ考え方を用いています。クレジットカードを使うときも入金側は無視をします。