1. TOPTOP
  2. あれこれ

河内山(こうちやま)とは桂木宗俊(津川雅彦さん)のあだ名。「そうしゅん」というあだ名もあり。NHK朝ドラ再放送(NHKBSプレミアム)より

|

honjitsu_mo_seiten_nari_kawachiyama

NHK朝ドラとしてBSプレミアムで再放送されている「本日も晴天なり」に登場する、江戸染紺屋「吉宗」の八代目当主・桂木宗俊には「河内山(こうちやま)」と「そうしゅん」という2つのあだ名があります。

桂木宗俊は「そうしゅん」というあだ名も持っている

小説版の「本日も晴天なり 上(新しいタブで開く)」を読んでも、「河内山」のあだ名はどこから由来するのかやその意味については言及されていません。

ただ宗俊の馴染みの芸者である金太郎姐さん(木の実ナナさん)や三味線屋である、秀美堂の主人である幸之助(牧伸二さん)たちは、たびたび宗俊のことを「河内山」と呼んでいる場面があります。

一方、「そうしゅん」というあだ名は、「宗俊」という漢字の音読みから由来しています。親譲りの遊び人を自認する宗俊が自ら、「そうしゅん」と号したような感じです。

小説版の「本日も晴天なり 上」は紙幅が限られているため、「河内山」の由来は省略されているかもしれません。ドラマの方をじっくりと見ながら、なぜ桂木宗俊は「河内山」と呼ばれるのか確認しましょう。