1. TOPTOP
  2. あれこれ

NHK朝ドラ「ちむどんどん」の言葉の意味〜「前むきで肯定感に満ちた、わくわく感」 #ちむどんどん

chimudondon_meaning

NHK朝ドラ第106作品目として「ちむどんどん(ヒロイン:黒島結菜さん)」(新しいタブで開く)が2022年前期に放送されます。ただ「ちむどんどん」の制作・放送が発表されたとき、大阪生まれ大阪育ちの私はタイトルの意味が分かりませんでした。

「ちむどんどん」→「こころ(肝)が高鳴る様子」

NHKドラマトピックスのWebサイトで「ちむどんどん」の言葉の意味について言及している記事(新しいタブで開く)を読むと、以下のように説明されています。

沖縄のことば でチム(肝=心胸・心)が高鳴る様子。沖縄では若者たちまで知っている有名なことば。前むきで肯定感に満ちた、わくわく感、という意味合い。※使用例「ちむどんどんする!」 ヒロインがさまざまな「ちむどんどん」を経て成長していくイメージを託します。

「ちむどんどん」とは沖縄で使われている日常用語で、ポジティブな気持ちになっていく様子を指すときに使う言葉のようです。英語で表すと、”get excited”ぐらいに相当するでしょう。

「ちむどんどん」を文字で書いてしまうと、2006年に第77作品目として放送された「ちりとてちん」(新しいタブで開く)となんとなく字面が似ていますが、混同して使わないようにしましょう。