1. TOP
  2. Webサービス
  3. Wockerで開発したWordPressサイトをさくらのVPSにアップロード・同期したい

Wockerで開発したWordPressサイトをさくらのVPSにアップロード・同期したい

|

Wapuu

そろそろWocker上で開発しているWordPressサイトを、本番環境のサーバーである、「さくらのVPS」にアップロードしたくなってきました。

Wockerですべての作業を行いたい

WordPressファイルの変更、記事の更新、プラグインのインストール、gitによるバージョン管理など一連の作業をすべてローカル開発環境で行い、それらを本番環境にアップロード・同期したいと考えています。

作業イメージを図にするとこんな感じになります。

wp_publish_1

アップロード・同期するための作業

Atomのパッケージである、remote-ftpを使ってWordPressの構成ファイルをアップロードすることができます。パッケージのインストールや基本的な使い方は、Lonely Mobilerさんと、bitWaveさんの記事を参考にさせていただきました。

一応、自分が使用している.ftpconfigの内容をメモしておきます。

{
    "protocol": "sftp",
    "host": "VPSのIPアドレス",
    "port": 任意のポート番号,
    "user": "VPSの一般ユーザー名",
    "pass": "VPSの一般ユーザー名のパスワード",
    "promptForPass": false,
    "remote": "/var/www/html(ドキュメントルートディレクトリ)",
    "agent": "",
    "privatekey": "/Users/(macに登録しているユーザー名)/.ssh/id_rsa",
    "passphrase": "",
    "hosthash": "",
    "ignorehost": true,
    "connTimeout": 10000,
    "keepalive": 10000,
    "keyboardInteractive": false
}

WordPressファイル以外にも、記事の更新、プラグインのインストール、gitによるバージョン管理についても、作業をしなければなりません。ただ、いろいろと思うところがあるので、次の「問題点」に回します。

問題点

1.アップロードできるファイル、ディレクトリが限られている

確かに子テーマのディレクトリに.ftpconfigを置くと同じ階層にある、functions.phpやstyle.cssはアップロードできます。ですが、それ以上の階層におくとエラーが発生します。例えば、wp-content/themeの直下に.ftpconfigを置いてもアップロードできません。

また.ftpconfigファイルが丸ごとアップロードされるのもどうか…と思います。

2.開発環境のDBは本番環境のDBに同期させるものか?

異なるサーバー間の同期をさせること自体は可能に思います。ただそもそも論として、ローカル開発環境と本番環境のデータベースを同期させるものかどうかよく分かりません。

一回だけの引っ越し作業であれば、mysqldumpして外部ファイルの実行を行えば良いでしょう。定期的な記事の更新作業や、プラグインのインストールやアンインストールについては、ローカル開発環境でやってもいいものかどうか…。

3.gitによるバージョン管理について

gitによるバージョン管理は、テーマの修正(子テーマの活用)に適用したいと考えています。おそらくローカル開発環境側で使っていくことになると思いますが、念のために確認しておきたいところです。

いろいろと書きましたが自分の知識が足りないせいか、思い切りスベってしまっているところがあるかもしれません。そこらへんのところはご容赦いただけば助かります。

〔参考サイト〕