1. TOP
  2. Webサービス
  3. Linux
  4. さくらのレンタルサーバーへ公開鍵認証方式でSSH接続するときに3つ注意すること

さくらのレンタルサーバーへ公開鍵認証方式でSSH接続するときに3つ注意すること

|

linux

さくらのレンタルサーバーは、MacのOS XやLinuxサーバーから公開鍵認証方式で、SSH接続をすることができます。そのときに気をつけることが3つありますので、メモしておきます。

1.公開鍵を配置するディレクトリ(フォルダ)の位置

/home/hoge/.ssh/authorized_keys
  • hoge → さくらのレンタルサーバーで使用しているユーザー名のディレクトリ
  • .ssh → 任意で作成した公開鍵を保存するディレクトリ
  • authorized_keys → MacのOS XやLinuxサーバーで作成した公開鍵

さくらのレンタルサーバーで使われる、一般ユーザー用のホームディレクトリ”/home/hoge/”は、デフォルトで用意されています。その下に.sshディレクトリと公開鍵ファイルを置くというイメージです。

2. .sshディレクトリはターミナルで作成

$ ssh hoge@hoge.sakura.ne.jp
% pwd
/home/hoge/
% mkdir .ssh
% chmod 700 .ssh
% vi authorized_keys
% chmod 600 authorized_keys

※hogeはさくらのレンタルサーバーのアカウント名。hoge.sakura.ne.jpは初期ドメイン名

“/home/hoge/”は、ターミナルからアクセスし、コマンドライン操作でディレクトリやファイルを操作するイメージです。viコマンドで”authorized_keysを開いたあと、”MacのOS XやLinuxサーバーで作成した公開鍵ファイルの中身をコピペして保存します。

3.”/home/hoge/www/”ではダメ

Webブラウザから閲覧するファイルマネージャでは、”/home/hoge/”を確認することはできません。

rental_server_id_rsa_pub

任意でディレクトリを作成するときに、つい”/home/hoge/www/.ssh/”としてしまいがちですが、これは違います。

“/home/hoge/www/”は、Web上で閲覧できるファイルを保存するディレクトリです。この位置に置いても、ssh接続をしようとすると、サーバーパスワードを聞かれてしまいます。公開鍵認証方式を使ったssh接続はできません。

〔参考サイト〕