1. TOP
  2. Webサービス
  3. Atom
  4. AtomのSFTPパッケージRemote-FTPでファイルがサーバーにアップロードができない件

AtomのSFTPパッケージRemote-FTPでファイルがサーバーにアップロードができない件

|

editor

atom_sftp1

ドットインストールで紹介されている、いまどきのエディタAtomで作成したファイルをサーバーにアップロードしたいと考えています(ダウンロードは、Atom.ioのトップ画面からできます)。

Remote-FTPをインストール

atom_sftp3

あらかじめ、ダミーのフォルダとファイルを作成しておきます。メニューバーの”Packages” → “Setting View” → “Install Packages / Themes”に進むと、”Install Packages”が表示されます

atom_sftp4

“SFTP”と文字列を入力し検索をすると、結果としてAtomで使えるSFTPパッケージがいくつか返ってきます。画面はRemote-FTPというパッケージをすでにインストールした状態です。

JSONファイルの作成

atom_sftp5

次に”Packages” → “Remote-FTP” → “Create Config file SFTP”を選択します。.ftpconfigというファイルが表示されますので、接続したいサーバーに向けて内容を記述します。太字のところが、任意で記述する内容になります。

{
    "protocol": "sftp",
	"host": "サーバーのドメインまたはIPアドレス",
    "port": サーバーに接続できるポート番号,
    "user": "myusername",
    "pass": "mypassword",
    "remote": "/var/www/html(ドキュメントルート)",
	"agent": "",
    "privatekey": "/Users/Macに登録したユーザー名/.ssh/id_rsa",
	"passphrase": "公開鍵を作成したときのパスフレーズ",
	"hosthash": "",
	"ignorehost": true,
	"connTimeout": 10000,
	"keepalive": 10000
}

クライアントPCはMacを使用し、あらかじめコマンドライン上で公開鍵と秘密鍵を作成しています。

atom_sftp6

最後に画面の右下にある、”Plain Text”をクリックして、ファイルの種類をJSONファイルに変更しておきます。

サーバーにアップロード…ができない!

atom_sftp7

サーバーにアップロードしたいフォルダを選択し、右クリックします。フォルダを操作するメニューが表示されますので、その中から”Sync local->remote”を選択します。

atom_sftp8

これでリモートサーバーと同期してくれるはず…。ですがエラーが出ます。‘item’というプロパティが定義されていないとのこと。

atom_sftp9

view issueのボタンをクリックすると、GitHubのページにハイパーリンクしますが、これが何を言っているのかよく分からない(汗 困った!

〔参考サイト〕