1. TOPTOP
  2. Webサービス
  3. FuelPHP
  4. NetBeansのFuelPHP1.7.2でXdebugの設定ができない。php-pearのインストールについて

NetBeansのFuelPHP1.7.2でXdebugの設定ができない。php-pearのインストールについて

web_dev

NetBeansの環境下にある、FuelPHP1.7.2のプロジェクトでリモートデバッグをしたいと考えています。そのためにはリモートサーバー側でXdebugの設定が必要です。

pecl0_3

その設定をせずにNetBeans上で、デバッグ作業をしようとすると、いつまで経ってもリモートサーバーに接続できません。

Xdebugを使えるようするまで

そのエラーを出さずに、Xdebugを使えるようにするためには、ざっくりこんな感じになると思います(自分調べ)。

1.php-develとphp-pearのパッケージのインストール
↓
2.pecl(ピクル)コマンドをインストールする
↓
3.CentOS7のPHPにXdebugをインストールする
↓
4.NetBeansでXdebugが使えるようになる

どうやらXdebugをインストールする前提として、pecl(ぴくる)コマンドが、さらにその前にphp-develとphp-pearのパッケージが必要らしい…。

php-pearのインストールをするものの…

php-develは別の機会ですでにインストールしていたので、php-pearのインストール作業からです。

php-pearパッケージのインストール

pecl1

yum install php-pear

yumでphp-pearのパッケージのインストールを開始します。

インストール作業

pecl2

pecl3

もちろん作業といっても、自分はコマンドライをながめているだけですが。インストール作業は、順調に進んでいるように見えます。

インストール作業終了の確認…

pecl4

ソフトウェア同士の依存性を解決してくれたりして、php-pearのインストールが完了したように見えます。しかし最後にpeclコマンドを入力しても、「そんなものはない!」と叱られます。

インストールできていない

pecl0

rpm -qa | grep php-pear

もう一度確認すると、php-pearはインストールされていないことが分かります。

アンインストールもできない

pecl5

yum remove php-pear

念のために、アンインストールを試みましたが、もともとインストールされていないものですから、アンインストールもできません。

感想

Xdebugの設定どころか、その前の前でつまづいてしまいましたね。どうしたものか…。

〔参考サイト〕