1. TOPTOP
  2. Webサービス
  3. FuelPHP
  4. FuelPHP1.7.2をCentOS7のドキュメントルートにインストール

FuelPHP1.7.2をCentOS7のドキュメントルートにインストール

|

web_dev

CentOS7にFuelPHP1.7.2をインストールしてみました。もちろんインストールの仕方について、本で調べたり、ぐぐったりするとそれなりに出てきます。

ですが画像を交えた説明は、あまりなかったような気がします。なので、 FuelPHPをインストールするにあたって、ポイントなりそうなところについて、画面を交えて説明していきたいと思います。

ただし、後述いたしますが、このインストール方法については安全上の問題があるかもしれません。そのあたりについては、ご考慮いただければと思います。

なお、FuelPHPをインストールするための前提となる環境は、以下のとおりです。

  • CentOS7(さくらのクラウド)
  • PHP5.4.40
  • MariaDB5.5.41

FuelPHPのインストール

fuelphp_install1

$ curl get.fuelphp.com/oil | sh

ホームディレクトリからcurlコマンドで、FuelPHPのoilコマンドをインストールします。

fuelphp_install2

ドキュメントルートに移動して、oilコマンドでFuelPHPのソースコードをダウンロードします。

fuelphp_install3

cat /var/www/html/fuelphp/public/index.php

インストールしたFuelPHPのバージョンを確認。

fuelphp_install6

表示の確認。(ドメイン名)/fuelphp/public/index.phpにアクセスすると、Welcomeページが表示されます。

composerの設定

fuelphp_install4

$ vi /var/www/html/fuelphp/composer.json

"minimum-stability": "dev"
↓
"minimum-stable": "stable"

composer.jsonに記述されている、依存するパッケージの最低限の安全性を、開発版(dev)から安定版(stability)に改めます。個人的な考えがあってやっているわけではなく、はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP 改訂版
の74ページに書かれているとおりにやりました。

fuelphp_install5

$ cd /var/www/html/fuelphp
$ php composer.phar update

ドキュメントルートのfuelphpディレクトリにもどって、パッケージを更新します。

注意点

今回、FuelPHPをインストールした位置は、ドキュメントルートです。ただし、Qiitaの記事を読んでいると、ドキュメントルートに置くことには何かと問題もあるようです。

自分は、どの位置に置くのが好ましいのか、詳しい方に直接聞いてみるつもりです。みなさんもFuelPHPをインストールする位置については、くれぐれもお気をつけださい。

〔参考サイト〕