1. TOP
  2. Webサービス
  3. Linux
  4. CentOS7の日本語設定は#vi ~/.bash_profileから。 CentOS6.xのときと違うよ!

CentOS7の日本語設定は#vi ~/.bash_profileから。 CentOS6.xのときと違うよ!

|

linux

Webサービスをたちあげるために、今使っている開発環境とは、別の開発環境を構築しています。これまではCentOS6.xで開発していましたが、今回はCentOS7で開発しようと考えています。

CnetOS7で初期設定をするとなると、6.xのときと何か違うんだろうな〜と思ってたら、さっそく出てきました。そのときのことを記事にしておきましょう。

日本語の設定

自分はサーバーとして、さくらのクラウドを使っています。なので、おおむねドットインストールでやっている、さくらのVPSに沿って作業をすすめていけばいいでしょう。

ただし、気をつけなければならないところは、#04 さくらのVPSへ接続してみようです。

この動画の後半で、サーバーに接続した直後の設定として、日本語の設定をしていますが、CentOS6.xと、CentOS7では設定が異なります(レッスンではCentOS6.xを前提として説明されていると思います)

CentOS6.xの日本語設定

# vi /etc/sysconfig/i18n

CentOS7の日本語設定

# vi ~/.bash_profile

# ファイルをあけたのち最終行に追記
LANG=ja_JP.UTF-8
export LANG

日本語化の確認

centos7_japanese3

#CentOS7の日本語化を確認
#source ~/.bash_profile
#echo $LANG 
ja_JP.UTF-8 

centos7_japanese

# 今日の日付を日本語で
# date
2015年  4月  8日 水曜日 11:27:52 JST

解説

CentOS7のときに使う、.bash_profileは、ログイン時だけに実行される設定ファイルです。このファイルでは、環境変数の設定などが行われます。ちなみに、CentOS7で#vi ~/.bash_profileのコマンドをたたくと、何も出てきませんので、ご注意を。

〔参考サイト〕