1. TOP
  2. Webサービス
  3. PHP
  4. PHPとMySQLを使ってTwitter APIで取得したツイートの追加と削除を繰り返す(その1~考え方)

PHPとMySQLを使ってTwitter APIで取得したツイートの追加と削除を繰り返す(その1~考え方)

|

php

php_mysql_twitter1

TwitterのAPIで取得したツィートをPHPとMySQLを使って、データベースへの追加・削除を繰り返したいと考えています。

実際にやること・条件・理由など

実際にやること

ざっくり書くと、こんな感じ。

1.Twitter APIからつぶやき(データ)の取得
↓
2.データベースへデータの追加
↓
3.データベースからデータの削除

条件

ただ、これらの動作を行うにあたって、3つの条件を課しています。

A.データの追加
・データベース内の最も大きい(新しい)ツイートIDをピックアップ
・それより新しいツィートを加える

B.データの削除
・データベース内の最も小さい(古い)ツイートIDをもつレコードをピックアップ
・そのレコードを基準として、下位5件のレコードを削除

C.AとBの動作は自動的にかつ定期的に実行する

理由

条件をつけている理由は、以下の通り。

a.取得したつぶやきは重複があってはいけない
b.データベース内のデータ量を常に一定に保つ
c.データの追加と削除を人力でやりたくない

これからの抱負

php_mysql_twitter2

この記事を書いている時点で、動作を細かく分けて、いろいろと試しています。上手くいっているところもあれば、そうでないところもあります。

ただ、分かったところと、そうでないところを切り分けておくと、のちのち人に尋ねるときに便利ではないかとおもってまとめてみました。

しばらくの間は、PHPやMySQLの基本的な動作について書くことが、多くなりそうです。