1. TOP
  2. Webサービス
  3. Twitter
  4. TwitterAPI V1.1のOAuth認証でつぶやきを取得するためのコードを分解して詳しい解説をつけてみた

TwitterAPI V1.1のOAuth認証でつぶやきを取得するためのコードを分解して詳しい解説をつけてみた

|

Twitter_logo_blue

Twitterのつぶやきを取得しようと思うと、TwitterAPI V1.1OAuthによる認証の仕組みを利用しなければなりません。

tweet_timeline2

tweet_timeline

Twitterのつぶやきを取得するためのコード

その取得したつぶやきの変数を取ってくるまでを、PHPのコードで表すとこんな感じになります。

<?php

require_once("twitteroauth/twitteroauth.php");

$consumerKey = '○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○';
$consumerSecret = '○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○';
$accessToken = '○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○';
$accessTokenSecret = '○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○';
 
$twObj = new TwitterOAuth($consumerKey,$consumerSecret,$accessToken,$accessTokenSecret);
$requests = $twObj->OAuthRequest('https://api.twitter.com/1.1/statuses/user_timeline.json','GET',array('count'=>'10'));
$mytweets = json_decode($requests);

全体的に書いていることは、何となく分かります。TwitterAPIOAuth認証の仕組みを利用して、つぶやきを取得しているのでしょう。

10行目から12行目は、OAuth認証の仕組みを理解するうえで、大変重要なコードであると思います。

なので、PHPプログラミングよりな詳しい解説をつけてみました。私自身もはじめてこのコードを見たとき、何を書いているのか、さっぱり分かりませんでしたので。

つぶやきを取得するためのコードを詳しく解説

TwitterOAuthの生成

$twObj = new TwitterOAuth($consumerKey,$consumerSecret,$accessToken,$accessTokenSecret);

コンシューマキー、コンシューマシークレッ、アクセストークン、アクセスシークレットを使ってTwitterOAuthを生成します。

プログラミングよりな言い方をすると、TwitterOAuthクラスをnew演算子クラスでインスタンス化して、変数$twObjに代入するという感じ。

OAuthRequestプロパティの利用

$requests = $twObj->OAuthRequest('https://api.twitter.com/1.1/statuses/user_timeline.json','GET',array('count'=>'10'));

OAuthRequestプロパティで、特定のユーザーのつぶやき(json形式)を、GETメソッドで10件取得します。

取得出来るデータはjson形式。変数$twObjからOAuthRequestプロパティを呼び出し、変数$requestsに代入します。

json_decode関数によるAPIデータの変換

$mytweets = json_decode($requests);

json形式のつぶやきデータを、TwitterAPIから取得して変数$mytweetsに代入します。

〔参考サイト〕