1. TOP
  2. Webサービス
  3. JavaScript
  4. kintone上でJavaScriptのwindows.alert()を実行する方法 #サイボウズ

kintone上でJavaScriptのwindows.alert()を実行する方法 #サイボウズ

kinotone_mokumoku20170809

久しぶりにサイボウズ株式会社さんのkintoneモクモク会に参加しました。2ヶ月ぶりの参加なので、kinotoneに関する記憶がかなり消失しています。サイボウズさんの「なかの人」から教えてもらい、kintoneをカスタマイズするために必要なJavaScriptファイルのアップロード方法について教えてもらいました。

今回の目標

kintone_javascript_20171011_1

上記の画像はcybozu developer networkのスクリーンショットです。

アプリをリロードしたときにalertメソッドの内容を表示させます。

手順 その1(アップロード画面の表示まで)

今回は下記のJavaScriptファイルをkintoneにアップします。アプリを開いたときに、「ようこそkintone JavaScript API」が表示されます。

(function() {
   "use strict";
    window.alert('ようこそkintone JavaScript API');
})();

では手順を紹介していきましょう。

まず取得したサイボウズ開発者ライセンスのURL(https://example.cybozu.comなど)にアクセスします。発行されたパスワードを入力してログインボタンをクリックします。

kintone_javascript_20171011_4

開発者用のサービス画面が表示されます。kinotoneのボタンをクリックしましょう。

kintone_javascript_20171011_5_2

アプリを管理するポータルのページに遷移します。右下にある任意のアプリをクリックします。

kintone_javascript_20171011_6

アプリの中に入ることができました。画面の右上にある歯車をクリックします。

kintone_javascript_20171011_7

アプリを作成を画面が表示されますので、設定タブをクリックします。

kintone_javascript_20171011_8

設定タブの中にあるJavaScript/CSSでカスタマイズをクリックします。

手順 その2(JavaScriptファイルのアップロード)

kintone_javascript_20171011_9_3

アップロードして追加のボタンをクリックして、あらかじめ用意しておいたJavaScriptファイルをkintoneにアップします。そのあと保存ボタンをクリックします。

kintone_javascript_20171011_10

先ほどの勤怠管理アプリの画面に戻ります。画面の右上にあるアプリを更新をクリックします。

OKボタンを押します。

kintone_javascript_20171011_13

すると、JavaScriptファイルの内容が反映されて、アプリを開いたときに「ようこそkintone JavaScript API」が表示されます。以後、当該アプリが開いたときには「ようこそ〜」が表示されます。