1. TOPTOP
  2. Webサービス
  3. Google
  4. Google Analyticsのトラッキングコードは<head>の直後の位置に記述する

Google Analyticsのトラッキングコードは<head>の直後の位置に記述する

ga_tracking_code_head_tag_3

つい最近までGoogle AnalyticsでPVなどを計測するトラッキングコードの位置など、気にしたことがありませんでした。ですがGoogleのアナリティクスヘルプページで書かれている基本手順を読むと以下のに記述されています。

トラッキングコード(タグ)の位置について

基本手順
1. まだプロパティを作成していない場合は、Google アナリティクスでプロパティを作成します。データを収集するウェブサイトごとに 1 つずつアナリティクスのプロパティを作成します。プロパティを作成すると、Google アナリティクス ID が生成されます。この ID は、gtag.js のインストールで使用します。
2. 下記の手順で、Google アナリティクス IDを確認します。この Google アナリティクス ID は設定時に使用します。
3.測定する各ウェブページにグローバル サイトタグをコピーして貼り付けます。タグは、各ページの最初の<head> タグの直後に追加します。

タグの直後にトラッキングコードを挿入

ga_tracking_code_head_tag_0

この基本手順を読むまでは<head></head>の真ん中あたりに書いていました。真ん中に書いていた理由はなんとなくです。ですがGoogle的には<head>タグの直後に追加しなければならないようです。

ga_tracking_code_head_tag_1

ですがこの基本手順を読んだ後は、WordPressサイトのheader.phpを開き上記の画像のように<head>タグの直後に記述しました。

ga_tracking_code_head_tag_2

こちらのページにアクセスしてソースを確認をするとこんな感じになっています。