1. TOP
  2. Webサービス
  3. Google
  4. PageSpeed Insights の最適化提案 「CSSを縮小する」・「JavaScriptを縮小する」について解決する~WordPressのプラグイン Autoptimizeの活用

PageSpeed Insights の最適化提案 「CSSを縮小する」・「JavaScriptを縮小する」について解決する~WordPressのプラグイン Autoptimizeの活用

css_javascript_min_pagespeed_insights_0

PageSpeed Insights の最適化提案 「ブラウザキャッシュを活用する」について解決する

PageSpeed Insights の最適化提案 「ブラウザキャッシュを活用する」について解決すると、モバイルの評価が76点に、パソコンが74点になりました。今回の記事では、同じくPageSpeed Insightsから提案された「CSSを縮小する」・「JavaScriptを縮小する」について解決する方法をご紹介します。

WordPressのプラグイン Autoptimizeの活用

CSSやJavaScriptを縮小するために、WordPressのプラグインであるAutoptimizeを活用します。AutoptimizeはJavaScriptコードやスタイルシートの集約を自動的に行います。

css_javascript_min_pagespeed_insights_1

使い方は簡単です。集約したい種類のファイルをチェックボックスで選択します。今回のケースでは”CSS options”と”JavaScript options”にチェックし、”save change(変更を保存)”ボタンをクリックします。。ちなみに自分の場合、HTMLの縮小についてはすでに「最適化済み」とされ、CDN(ファイルを配信するサーバーを複数に分けること)についても関係ないのでチェックはしていません。

CSS・JavaScript縮小後の評価

以上で「CSSを縮小する」・「JavaScriptを縮小する」作業が完了しました。どれぐらいPageSpeed Insightsの評価が上がったか確認してみましょう。

モバイル

css_javascript_min_pagespeed_insights_2

モバイルを確認すると、直近のスコアと同じ76点で変化は見られませんでした。

パソコン

css_javascript_min_pagespeed_insights_3

パソコンについても、直近のスコアであった74点で、モバイルと同じく変化は見られませんでした。

モバイルもパソコンも縮小したサイズは数百バイトのサイズでした。そのため「縮小」といってもPageSpeed Insightsの点数に反映されなかったと推測されます。ただし中にはCSSやJavaScriptのサイズが大きいサイトもあるでしょう。その場合、CSSやJavaScriptのサイズ縮小はPageSpeed Insightsの評価に貢献すると考えられます。

PageSpeed Insights評価の詳細

点数だけでなく、具体的な評価内容にも確認してみましょう。CSSファイルやJavaScriptについてどこが評価されたのか、また今後どのファイルを修正しなければならないのか分かるようになります。

モバイル

css_javascript_min_pagespeed_insights_5

モバイルの評価について詳細を確認すると、「CSSを縮小する」・「JavaScriptを縮小する」ともに、「最適化済み」の提案になっていました。

パソコン

css_javascript_min_pagespeed_insights_5

パソコンの評価について詳細を確認すると、「最適化済み」の提案にはなりませんでした。ただし、CSS・JavaScriptともに冒頭の画像で指摘された数が1つずつ少なくなっていることが分かります。