1. TOPTOP
  2. Web学習法
  3. WordCamp Osaka 2019で使える英会話フレーズ 5選 #DMM英会話 #wordcamp #wco2019 #wco2019en

WordCamp Osaka 2019で使える英会話フレーズ 5選 #DMM英会話 #wordcamp #wco2019 #wco2019en

自分は2019年12月6日(金)・7日(土)に大阪工業大学梅田キャンパスなどで開催されるWordCamp Osaka 2019(新しいタブで開く)でスポンサー担当の実行委員をしています。ただ実行委員の肩書をつけていても、イベントの一参加者であることには変わりはありません。

wco2019では海外からの参加者も

WordCamp Osaka 2019には少数ながら日本語のネイティブスピーカーでない方も、海外から参加される予定です。

自分はそういった方とも少しでもお話をして少しでもお知り合い・お友だちができるようになりたいと思っています。そこで11月中旬からWordCampに特化した英会話をDMM英会話で学習しています。(新しいタブで開く)

WordCampで使える英会話フレーズ集

そこで今回はWordCamp Osaka 2019に限らず、WordCamp全般で使えそうなフレーズを中心に日常会話程度の英会話を紹介いたします。

なおこの記事の書いている現在の自分の英語力はこんな感じです。

  • Google翻訳を使って多少の読み書きはできる(reading/writing)
  • 原稿を用意されていれば中学校で習う程度の文・文章であれば声に出して読み上げることができる(speaking)
  • 聞き取りはほぼできない(Listening)

また以下で紹介するフレーズはDMM英会話の講師の中でも、日本人講師でかつ民間企業・団体に数年程度の職務経験をお持ちの方に日本語をベースとして教えてもらったフレーズです。また前もってWordCampやWordPressの概要について、簡単に英語と日本語で説明しています。

1.日本語ができるかどうかの確認

May I speak in Japanese?

私は日本語で話しても大丈夫ですか?

別解としては”Could you speak in Japanese?”も考えらえますが、はるばる海外から来られることを前提とすると、”May I speak in Japanese?”の方が望ましいと思います。

Yesの場合

Thank you, I speak in Japanese.

ありがとうございます。では私は日本語を話します。

Noの場合

Sorry, I can not speak in English very well.
If you have any questions, I will call the staff for English interpreter.
How about it?

恐れ入ります。私は英語を話すことができません。
何かお困りごとがあれば通訳担当のボランティアスタッフをお呼びします。
いかがしましょうか?

2.どうしても通訳ボランティアが見つからない場合

Sorry, I looked for the staff for interpreter, I can not call the staff.
If it’s not a problem, could you mark down what you hope on this paper?
I can undestand a little in English by writing.

恐れ入ります。会場をくまなく探しまたが、通訳ボランティア担当のボランティアスタッフを見つけることができませんでした。
もしよろしければお困りごとをこちらの紙に書いていただけませんか?
筆談による英語ならば少しはわかります。

筆談による意思疎通もできそうにない場合は、”If it’s not a problem”以降の表現はカットしてください。

3. 英語話者がお手洗いに行きたい場合

どんなイベントであっても「お手洗いはどこにありますか?」はよくある質問の1つでしょう。細かい順路を説明することが難しいと感じる方は直接ご案内しましょう。

Where is the rest room?

お手洗いはどこにありますか?

男性の場合

I will guide the restroom.

私が男性用のお手洗いまでご案内します。

女性の場合

I will guide the restroom.

私が女性用のお手洗いまでご案内します。

男女関わらず”restroom”のあとに、”for men”、”for women”など性別を表す表現は不要です。また”restroom”について、アメリカ英語で”bathroom”と、フィリピン英語では”confort room”と呼ばれることもあります。

イギリス英語では”restroom”のところを”toilet”で通じることもありますが、人によって”toilet”は便器そのものと解釈することもあるそうです。”toilet”は使わない方が良いでしょう。なお動詞の”guide”は、同じく動詞の”show”でも置き換えが可能です。

4. 英語話者の体調が悪そうなとき

I’m in bad…

体調がすぐれないんですが...
Are you in bad? May I call the staff for interpreter or a doctor?

いかがなされましたか?すぐに通訳専門のスタッフか医師をお呼びしましょうか?

英語による「体調がすぐれない」という表現は、他にも”I feel sick.”や”I don’t feel good.”などがあります。

5.(比較的長い)お昼ごはんを食べるための休憩時間帯を聞かれたとき

When is the lunch break?

お昼休憩の時間帯いつですか?
The lunch break is from 12:30pm to 1:20pm.

お昼休憩の時間帯は午後12時30分から13時20分までです。

“12:30pm”は”tweleve thirty pm”と表現します。また日本語では「13時20分」という表現を使いますが、一般的に英語話者は”1:20pm”と表現します。

これらのフレーズを使って日本語話者の方が英語話者の方と少しでもお知り合いになるきっかけができれば幸いです。