MENU

初心者独学プログラミングのコツ~エラーの確認方法

先日、
TeraPadでWebファイルを編集するときは文字コードをUTF-8Nにする
という記事を書きました。

PHPが意図通りに動かなかったのは、
タイトルのように、Web上にアップロードするファイルを
「BOMあり」にしていたためでした。

しかし、そこまで至るのに、いろいろな人に教えてもらって
かなり時間がかかりました。

ただ、そこで使った問題解決の手段は、
はじめてWebサービスを作る人にとっては、
結構使えるかもっていう感じがします。

その手段を紹介していきましょう。

問題のコード

問題のコードは、次の通りです。
この<script type=”text/javascript”>// <![CDATA[
コードの何が読み込まれてて、
読み込まれていないのか、はっきり分かりませんでした。

[php]
<script type="text/javascript">// <![CDATA[
$(function() { $(‘.deleteLink’).click(function() { if (confirm(&quot;削除してもよろしいですか?&quot;)) { $.post(‘./delete.php’, { id: $(this).data(‘id’) }, function(rs) { $(‘#entry_’ + rs).fadeOut(800); }); } }); });
// ]]></script>
[/php]

Google developer toolを使う

まず試してみたのが、Google developer tool。
手順は以下の通りです。

F12キー

Resourcesタブ

Frames

(当該ファイルが入ったフォルダ)

Scripts

jQuery-○.○.○.min.js

jQueryが読み込まれていると、こんな画面が出ます。
緑色の文字で、jQueryのバージョンがで表示されます。

<a href=”http://e-yota.com/wp-content/uploads/2014/02/jQuery12.jpg”><img src=”http://e-yota.com/wp-content/uploads/2014/02/jQuery12-400×154.jpg” alt=”jQuery1″ width=”400″ height=”154″ class=”alignnone size-medium wp-image-417″ /></a>

alert()と.fail()をコード中に追加する

[php]
<script type="text/javascript">// <![CDATA[
$(function() { $(‘.deleteLink’).click(function() { if (confirm(&quot;削除してもよろしいですか?&quot;)) { $.post(‘./delete.php’, { id: $(this).data(‘id’) }, function(rs) { alert( escape(rs) ); alert( $(‘#entry_’ + rs).length ); $(‘#entry_’ + rs).fadeOut(800); }).fail(function(xhr){ alert(&quot;error&quot;+xhr.status); }); } }); });
// ]]></script>
[/php]

このファイルを実行すると、alertが2回出てきます。
1回目のalertはこの通り。

fail

2回目のalertはこの通り。

fail2

1回目のalertで現れる%uFEFFはUnicodeファイルのBOMを示すらしい。
これによって読み込むファイルにBOMがついていることが分かりました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次