1. TOPTOP
  2. 水泳ダイエット
  3. 【水泳ダイエット】水泳でダイエットをしたければ「きれい」に泳ごう〜水泳ダイエット成功のコツ #水泳ダイエット

【水泳ダイエット】水泳でダイエットをしたければ「きれい」に泳ごう〜水泳ダイエット成功のコツ #水泳ダイエット

|

swimming_diet_fushiuki_0

「水泳でダイエットをしたい」という人をよく見かけます。もし水泳でダイエットをしたければ「きれい」に泳げるようにしましょう。「きれい」に泳ぐ必要は以下の2つの理由によるものです。

  • 「きれい」に泳げると長い距離を泳げるようになる
  • 「きれい」に泳ぐことは全身の筋肉をまんべんなく使うことになるから

「きれい」に泳げる人は伏し浮きができる

水泳において「きれい」に泳ぐことは水に対して抵抗を受けず、まっすぐに進むことができる状態にあることを指します。まっすぐために基本的となる技術は伏し浮き(けのび)。水泳でダイエットをしたければ、まず水に対して抵抗なく浮かべるようになることがもっとも大切です。

伏し浮きのやり方

伏し浮きの方法はコナミメソッドの動画にまとめられています。伏し浮きのコツは全身の筋肉をまんべんなく使うことです。泳ぎなれをしていない人にとっては伏し浮きだけでも結構な運動になります。浮く前にプールの壁を蹴っても良いので、伏し浮きだけで10mは進めるようにしましょう。

ドローインと腕立てふせで補助練習を

水泳において伏し浮きは基本中の基本でありますが、街中のプールを見渡すと伏し浮きをできない人が結構います。そういった方には水中での練習にこだわらず、陸上でも練習をしましょう。

ドローイン

まずドローインの練習です。腕立て伏せ具体的なやり方についてコナミメソッドの動画が参考になリます。動画でも言及されていますが、ドローインのコツは口から息を吐きながらお腹をへこませ、鼻から息を吸いながらお腹を含ませることです。

意識して呼吸をすることは全身の筋肉をまんべんなく使う練習になり、水中で浮かびやすくなります。

腕立てふせ

運動の習慣がついていない方にとって少しキツイかもしれませんが、腕立て伏せもできるようにしておきましょう。

NHKの「みんなで筋肉体操」では筋肉ムキムキな方がお手本を示されていますが、特に筋肉ムキムキな人出なくても腕立て伏せはできます。腕を伏せるときに息を吐き、腕を戻すときに息を吸うようにしましょう。すると腕の力だけではなく、全身の力を使って反復動作ができるようになります。

腕立てふせの動作は、全身の力をまんべんなく使う伏し浮きの練習につながります。