1. TOP
  2. インフラ
  3. Cyberduck(ファイル転送ツール)で作成したファイルがローカル開発環境上に転送できない

Cyberduck(ファイル転送ツール)で作成したファイルがローカル開発環境上に転送できない

|
linux

vagrantでローカル開発環境で立ち上げて、ファイル転送ツールとしてCyberduckを使っています(エディタソフトはAtom)。

ローカル開発環境上でファイルの保存ができなくなる

cyeberduck1

ファイル(index.php)の内容を作成して保存すると、最初のうちはアヒルの絵が出てきて、保存が完了します。

cyeberduck2

もちろんブラウザで、192.168.33.10 と入力するとファイルの内容が表示されます。

cyeberduck3

ところがそのファイルを何度か書き換えていくと、Atomで保存してもローカル開発環境上で保存されなくなります。もちろんブラウザで 192.168.33.10 として入力しても、変更分は反映されません。

index11-27-54-242.phpとは

cyeberduck4

「なんでだろう?」と思いつつ、エディタソフトの画面のタブをよく見ると、”index11-27-54-242.php”の文字が。

加えて、そのphpファイルがある場所を見ると、private/var/folders/jq…と書き写す気にもならないほど、訳の分からない文字列が。

private/var/foldersとは

なんだ、”private/var/folders”って?ぐぐって調べていると、どうやら素人があまり近づいてはいけないフォルダ・ファイル群の様な気がします。

といってもローカル開発環境でファイルのアップロードができないと、開発ができませんので、近づいてみるだけ近づいて見ることにしました。

キャッシュの問題?シンボリックリンクの問題?

cyberduck5

Finderのメニューバーから[移動]→[フォルダへ移動…]を選択し、「/var」とディレクトリパスを直接指定すると、”folders”の中身がわかりま分かりました。

varディレクトリの上に、”28960″の長ったらしい文字列のディレクトリがあります。おそらくこの”var/www/html”に保存されているのでしょう。
ただここで浮かぶ疑問が3つあります。

  • 28960…/var/www/html/に、index11-27-54-242.phpは保存されていない。
  • ファイルの転送先は192.168.33.10/var/www/htmlを宛先にしているのに、そこに収まらないのか?
  • 先ほどから「保存されない」ことについて説明しているが、たまに192.168.33.10/var/www/htmlあてに保存できたりもする

この件にキャッシュの問題とか、シンボリックリンクの問題とかも絡んでそうです。一方で「/var/folder の中身を削除したら画面からアイコン画像が消失した」なんて話も聞きます。うかつに手を出せない。さてはてどうしたものやら…。

〔参考サイト〕