1. TOP
  2. インフラ
  3. GitHub
  4. クラウドサーバーで作成したファイルをGitHubに公開するまでの手順。GitHub実践入門とは若干異なります

クラウドサーバーで作成したファイルをGitHubに公開するまでの手順。GitHub実践入門とは若干異なります

|
github

最近、GitHub上でコードの公開ができるようになりました。大まかな手順はGitHub実践入門 を参考にしましたが、サーバーの環境が違うせいか、本と作業内容が若干異なります。

そこで、自分のためにもコードの公開までの記録を、残しておきたいと考えています。前提は以下の通りです。

  • クライアントマシンとして使用しているPCのOSはWindows
  • 転送ソフトとしてTeraTermを使用する
  • サーバーは「さくらのクラウド」を使用し、任意のファイルをGitHubにpushするまでを想定している
  • 公開鍵と秘密鍵は「さくらのクラウド」上で作成し、予めGitHubに公開鍵を登録している(詳しくはコチラ

GitHubに公開するまでの手順

GitHubでファイルを公開するためには、以下の5つの手順を踏むことになります。

1.GitHub上でリポジトリの作成

github_publication1

github_publication2

GitHubのホーム画面の下にある、[New repositry]からリポジトリを作成します。自分のサーバーで作成したファイルは、ここで作成したリポジトリにpushされていきます。

2.リポジトリへのアクセスとパスの確認

github_publication3

http://github.com/ユーザー名/リポジトリ名にアクセスして、クラウドサーバー上でgit cloneするパスを確認します。パス名はpush先の、https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.gitです。

3.クラウドサーバー上でgit cloneする

クラウドサーバー上で git cloneし、GitHubにプッシュするリポジトリを自分のサーバーに取り込んでおきます。

git clone http://github.com/ユーザー名/リポジトリ名

TeraTermでコマンドを実行し、成功するとこんな感じの画面になります。

github_publication4

4.コミットする

3で自分のサーバーに取り込んだリポジトリ(フォルダ)に、任意のファイルを作成します。git initで初期化し、git addでステージングエリアに上げ、git commitでコミットします(画像はコミット完了した後の、git logの様子)

github_publication5

5.pushして出来上がり

参考書では、git pushのコマンドだけで、GitHubのリポジトリにpushできるようです。しかし、自分の場合は同じことをするとエラーが出ます。

error: The requested URL returned error: 403 Forbidden while accessing https://github.com/ユーザー名/test99.git/info/refs
fatal: HTTP request failed

なので、自分はgit pushの前に、git remoteをしています。

git remote set-url origin https://ユーザー名@github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git
git push -u origin master

最後に、GitHubで登録したパスワードを聞かれますので、入力してpushが完了します。

github_publication6

git remoteが必要なのは、内部サーバー(ローカル開発環境)ではなく、外部サーバーからpushしているためだと推測します。Macのローカル環境であれば、git pushだけで済むのかもしれません。

個人的な感想

一連の作業のポイントは、GitHub上で作成したリポジトリを、自分のサーバーに取り込むところにあると思います。

要するにGitHub専用のリポジトリでないと、pushをしてもGitHubから受け付けを拒否されます。はじめのころは、そのことがよく分からず苦戦していました。

〔参考サイト〕