1. TOP
  2. インフラ
  3. 第19回 さくらの夕べin大阪(お土産あり・懇親会つき)でネットワークの冗長化とDDoS攻撃・DNSAmp攻撃について勉強してきました

第19回 さくらの夕べin大阪(お土産あり・懇親会つき)でネットワークの冗長化とDDoS攻撃・DNSAmp攻撃について勉強してきました

|

sakura_yuube19th_1

京阪淀屋橋ビルにあるAP大阪淀屋橋で行われた、「第19回 さくらの夕べin大阪」に行ってきました。

今回の勉強会のテーマは、

  • インフラエンジニアが見たネットワーク環境変更プロジェクト(株式会社ロックオン アドエビス開発ユニット 上原さん)
  • バックボーンネットワーク担当が見たDDoS問題の実態と最新動向(さくらインターネット株式会社 基盤戦略部 吉岡さん)

の2つです。そのとき頭に残ったことを書き留めておきます。

といっても、私はインフラやネットワークエンジニアをやったことがありません。「こんな感じでやってました」という、雰囲気だけでもお伝えできれば幸いです。

sakura_yuube19th_2

ネットワーク環境変更プロジェクト

  • ネット広告効果システムADEBiSのネットワーク冗長化(二重化)したときの「プロジェクトX」的な話
  • その体制はさくらインターネット、協力ベンダー、ロックオンで行った
  • インターネット側の切り替えとスイッチ切り替え
  • 調査全アクセスでの振り分け傾向を確認
  • アプリケーションの修正
  • 冗長化の本番に備えてリハーサル(疑似環境の構築)を行った
  • 連絡を万全にするため、声を大きくしたり、セリフを決めたり、携帯電話2台持ちもやった
  • リハのおかげで無停止移行完了をさせることができた
  • プロジェクト後の報告会では、エンジニアだけでなく、非エンジニアとも情報共有

DDoS問題の実態と最新動向

DDoS攻撃とDNSAmp攻撃について

  • 2014年8月2日付の読売新聞で報道された家庭用を標的としたルーター攻撃ネット障害について
  • 分散型サービス拒否(DDoS)攻撃について(ある指定サーバが、多数のサーバ「通称:ゾンビマシン」から攻撃パケットを送信して、攻撃対象のサーバーに負荷をかける)
  • ボットネットについて(ウイルスの一種が構成するネットワークの総称)
  • DNSAmp攻撃とは、DNSキャッシュサーバを利用して通信量を増幅させるDDoS攻撃の一種
  • 攻撃用のDNS問い合わせは、通信元IPアドレスを詐称し、巨大なDNSレコードを設定して、通信量を数十倍に増幅させる
  • さくらインターネットにおけるDDoS攻撃は1ヶ月に90件ぐらいで、うち4分の1がAmp攻撃

顧客側におけるDDoS攻撃の対策

  • DNSサーバーが不要なら停止する
  • サービス提供対象のネットワーク以外からの問い合わせを禁止する
  • ボットネットに加担しない
  • 不要なサービスは起動しない。サービスアクセス制限の確認

さくらインターネットにおけるDDoS攻撃の対策

  • 顧客のサーバを収容するルータのIPアドレスは、インターネット上に経路を広報しない
  • 攻撃に利用されないためにDNSサーバを、オープンリゾルバ状態を2013年8月に解消
  • 顧客の管理サーバがDNSAmp攻撃を受けた場合、アナウンスする
  • 攻撃対象宛のトラフィックを自社のバックボーンにフィルタ

お土産もらいました。懇親会もありました

sakura_yuube19th_3

セミナー参加のお土産として、イメージキャラクターの桜葉愛ちゃんグッズをいただきました。

sakura_yuube19th_4

中には、「さくらのクラウド」2万円分無料チケットも入っていました。

sakura_yuube19th_5

セミナーのあとには参加無料の懇親会が。ネットワークに関する知識だけでなく、体の栄養もつけさせてもらいありがとうございました!

〔参考サイト〕