1. TOP
  2. インフラ
  3. CentOS7,PHP7,MySQL5.6でWordPressサイトを構築 その10(MySQL5.6の設定とインストールと初期設定)

CentOS7,PHP7,MySQL5.6でWordPressサイトを構築 その10(MySQL5.6の設定とインストールと初期設定)

thumbnail

前回の記事では、PHP7のインストールとその初期設定の方法についてご紹介しました。今回はミドルウェアの一種で、リレーショナルデータベースあるMySQL5.6のインストールとその初期設定の方法についてご紹介します。

MySQL5.6のインストールと初期設定

SSH接続でリモートサーバーに接続して、作業用ユーザーからroot権限をもつユーザに昇格した上で以下のコマンドを実行します。

rpm形式パッケージをインストール

# wget http://dev.mysql.com/get/mysql-community-release-el7-5.noarch.rpm
# rpm -Uvh mysql-community-release-el7-5.noarch.rpm

mysql-community-release-el7-5.noarch.rpmというrpmパッケージについて、URLを指定してダウンロードして、パッケージをインストールします。

MySQL5.6の初期設定

# cd /etc/yum.repos.d/
# cp mysql-community.repo mysql-community.repo.org

repo拡張子のmysqlファイルの内容を変更するので、元のファイルをコピーしておきます。コピーの確認が取れたら、viコマンドでファイルの内容を変更します。

# vi mysql-community.repo
[mysql-connectors-community]
:(略)
enabled=1
↓変更
enabled=0

[mysql-tools-community]
:(略)
enabled=1
↓変更
enabled=0

[mysql56-community]
:(略)
enabled=1
↓変更
enabled=0

ファイル変更の内容は上記の通りです。

MySQL5.6のインストールと設定の反映

# yum --enablerepo=mysql56-community install mysql-community-server
# systemctl start mysqld.service
# systemctl enable mysqld.service
# mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.6.37

yumコマンドでMySQL5.6をインストールします。MySQLのサービスをスタートし、サーバーの電源を落としてシャットダウンして、再度電源が入って立ち上がったときでも、MySQLも自動起動できるようにしておきます。あとは、mysqlコマンドを使ってMySQLのバージョンも確認しておきましょう。

rootユーザーのパスワード設定

MySQLを使用するときは、必ずユーザー名とパスワードを入力する必要があります。初期設定ではrootユーザーしか存在しませんが、そのrootユーザーのパスワードを登録します。

# mysql_secure_installation
Enter current password for root (enter for none): (リターンキー)

Linuxのmysql_secure_installationコマンドで、MySQLの設定を行うコマンドを実行すると、まず”Enter…”が表示されますので、リターンキーを押します。

Set root password? [Y/n] y 
New password:YOURMYSQLPASSWORD
Re-enter new YOURMYSQLPASSWORD

続いてrootユーザーのパスワードを設定するかどうか聞かれますので、”y”で回答します。するとrootユーザーのパスワードを入力するように促されますので、任意のパスワードを入力します。

さらにいろいろと質問をされますが、とりあえず全てリターンキーを押してください。するとMySQLのrootパスワードの設定が完了します。

ちなみにパスワードの部分には任意で”YOURMYSQLPASSWORD”として表示させていますが、実際のターミナルの画面では表示されません。

MySQL5.6にログイン

centos7php7mysql5-6_wordpress_10_1

# mysql -uroot -pYOURMYSQLPASSWORD

mysqlコマンドを使ってLinuxのrootユーザーからMySQLのユーザーとしてログインすると、このような画面が表示されます。以上で、MySQL5.6の設定とインストールとその初期設定の作業が完了しました。

次回の記事では、手動によるWordPressのインストールと初期設定についてご説明いたします。