1. TOPTOP
  2. あれこれ
  3. Tips
  4. 『ヘルシープログラマ』を読んで。背中を使った健康Hack

『ヘルシープログラマ』を読んで。背中を使った健康Hack

health

health

先ほどヘルシープログラマというプログラマのための健康Hack本を読み終えて、読書メーターに感想を書きました。

長時間作業していると、お腹は垂れ下がるし、背中は丸くなる。すると体の軸は中心から左右に離れていき、(自分の場合)腰椎が圧迫されてヘルニアに(泣 座りっぱなしの姿勢をしているとロクなことがひとつもない。日常的にはタイピングしているときの前傾姿勢を矯正するために、背中を使う運動(背泳・ジョギング・エアロビクス)を心がけている。

もう少しいろいろと書きたいことがるあるので、ブログの方でも書いておきます。

集中が仇となり「負のループ」に

ブログを書くにしても、コードを書くにしても作業に集中していることは、たいへん良いことだと思います。ですが、その集中が続けば続くほど、かえって体力の低下を招きます。サラリーマンであれば労災を申請したくなるような「危険作業」と言えるかもしれません。

自分の場合、作業に集中しすぎて「負のループ」をたどってしまいました。

PCの前で前傾姿勢になる
↓
猫背になって、腹筋の緊張がなくなる
↓
背中が弱る
↓
股関節が緩む。太ももの筋肉が弱る。内股の筋肉がなくなる
↓
両膝が左右に開く
↓
歩き方がペンギンみたいになる
↓
立っているとき、歩くとき、走るときに腹筋と背筋に力がかからない
↓
座るときの前傾姿勢と猫背がますますひどくなる。
↓
2016年3月ごろから腰椎ヘルニアが発生して左足の神経が痛みだす ←イマココ

ジョギング・背泳・エアロビクスで矯正

以前からスポーツジムには通っていましたが、今ではかなり考えながら体を動かしています。具体的には以下の3つの運動で体の矯正をしています。

ジョギング

室内のトレッドミルを使って走っています。傾斜を上げると背中を伸ばして走らなければ足を取られてしまいます。

背泳

クロール(うつ伏せ)で泳ぐのも効果はあると思いますが、最近は背泳をしています。仰向けで泳ぐときに猫背の状態で腕を回すと溺れます。

エアロビクス

正面しか向かない「お手軽エアロビクス」もありますが、できるかぎり前後左右まんべんなく見渡せるエアロビクスをしています。背筋を使って体の回転をしないと、インストラクターの方の動きについていけません。

これらの運動が万人向けではないと思います。それでもやっていると、背中が伸びて体は気持ちよくなります。記事を読んでいただいた方もどうぞ健康にはお気をつけください。

〔参考サイト〕