1. TOP
  2. あれこれ
  3. Tips
  4. SNSのブランドリソースを日本語で説明してくれる便利なページについて。Twitter、Facebook、Vine、Instagramより

SNSのブランドリソースを日本語で説明してくれる便利なページについて。Twitter、Facebook、Vine、Instagramより

Instagram_Icon_Large

brand_resource

最近、VineやInstagramに関する記事を書くことが多くなりました。ブログのアイキャッチ画像にも、それらのロゴを使っています。

ただどうせ使うなら、あとくされなく気持ちよく使いたいものです。そのため各サービスのブランドリソースに関するページは、一応目を通しています。

どのブランドにもある2つのお約束

“Do” and “Don’t”

各SNSのブランドリソースを読むと、必ず出てくる2つのお約束ごとがあります

  • Do
  • Don’t

Twitter、Vineでは英語で説明してくれていますが、慣れない人には、読むのが苦痛だったりします。

「できること」と「するべきではないこと」

そういうときは、FacebookとInstagramのページが役に立ちます。

  • できること
  • するべきではないこと

Twitter、Vineはすべて英語で書かれていますが、FacebookとInstagramでは同じようなことが日本語で説明してくれています。

両者を照らし合わせると、同じようなことが書かれてます。お約束ごとの概要を把握するだけであれば、FacebookとInstagramのページはとても便利です。

もっと深く知りたい方は各ページへ

もちろん細かいところや、具体的に使い方などは各SNS独自の基準があります。もっと知りたいという方は、それぞれの内容を読んでみましょう。

Twitter

Twitter_logo_blue

説明の中で画像を多用していて、何をやった良いのか(または悪いのか)がとても分かりやすいです。

Facebook

FB-f-Logo__blue_144

基本は英文ですが、画面右上の[Language]を選択すると、日本語を含む多言語に訳されます。

Vine

v_lrg_green

6秒動画が売りのサービスだけあって、動画を埋め込むときのお約束にスペースが割かれています。

Instagram

Instagram_Icon_Large

Facebookと同じく、日本語による説明がなされています。画像主体のSNSだけあって、Facebookよりもさらに丁寧な感じがします。

〔参考サイト〕