1. TOPTOP
  2. あれこれ
  3. Ingress
  4. Ingressのエキゾチックマター(XM)をUPさせてみた。Niantic projectから送られたパスコードを入力

Ingressのエキゾチックマター(XM)をUPさせてみた。Niantic projectから送られたパスコードを入力

ingress

ingress_niantic1

前回書いた、Ingress記事の続きです。Niantic projectからのメールに記載されているパスコードを入力すると、エキゾチック マター(XM)が増えるらしいのでどうなるか試してみました。

パスコードの入力をしてXMをゲット

OPS menuをタップ

ingress_passcode1

画面の右上にある[OPS]をタップします。[OPS]では、インベントリやエージェント プロフィール、トレーニング ミッションなど、Scannerの設定ができます。

PASSCODEをタップ

ingress_passcode2

IVENTORYやAGENTなどのメニューが登場します。メニューバーを左にスライドさせていくと、PASSCODEが表れるのでタップします。

REDEEM PASSCODEをタップ

ingress_passcode3

“REDEEM PASSCODE”をタップします。

PASSCODEを送信

ingress_passcode4

パスコードを入力して送信します。これでNiantic projectから送られた、パスコードの入力が完了しました。

エキゾチック マター(XM)の確認

ingress_passcode5

パスコードの入力が完了すると、”Gained”の表示がされます。エキゾチックマター(XM)が増えたようです。ですが他の用語が分からないので、下記にまとめておきます。

Resonator(レゾネーター)

ポータル(Portal)を守るために設置(デプロイ)されます。レベルが存在し、高レベルなほど頑丈。自分のレベル以下しか扱えません。

Heat Sink(ヒートシンク)

ポータルを繰り返しハックする際に、通常かかる5分を短縮できます。

Multi-hack(マルチハック)

ポータルをハックできる回数を増やす事が出来るMODs。MODとは、ータルに設置することで、色々な効果が得られるアイテム。またハックとはポータル(Portal)にアクセスすること。

Power Cube(パワーキューブ)

XMをその場で回復できる。

パスコード入力後のスキャナー画面

ingress_passcode6

ちなみに画面がスキャナーに戻ると、エキゾチックマター(XM)の残量が増えました。

〔参考サイト〕