1. TOPTOP
  2. あれこれ
  3. Ingress
  4. IngressをダウンロードしたらNiantic ProjectからGmailが来たので詳しく調べてみた。APとかXMとかNIANTICとか

IngressをダウンロードしたらNiantic ProjectからGmailが来たので詳しく調べてみた。APとかXMとかNIANTICとか

|

ingress

ingress_niantic1

お正月の間、マイペースでWebサービスのシコシコと開発を進めていました。ただ、私も人の子なので、ちったあ遊びたくもなります。そこで巷で噂のIngressとやらを、Androidアプリとしてダウンロードしてみました。

ingress_niantic2

アプリをダウンロードしたのが、1月2日の20:00ごろで、ちょうどその24時間後ぐらいにNiantic Project Operationsから、Gmailがやってきました。メールの内容は3つです。

  • GREETINGS AGENT USERNAME
  • GET TO KNOW YOUR INGRESS SCANNER
  • BE AWARE

GREETINGS AGENT USERNAME

ingress_niantic3

「レジスタンスに入ってくれてありがとう!」的なことが書かれています。「早く使えるエージェントになってくれ!」というところでしょうか。

ちなみにget some tipsのところをクリックすると、

YouTubeの動画で、Ingressの概要が簡単に説明されています。

GET TO KNOW YOUR INGRESS SCANNER

ingress_niantic4

活動の基盤となる携帯端末の技術である、スキャナー (Scanner)について説明がされています。Scannerを操作することで、 ポータル (Portal) を見つけ、エキゾチック マター(XM)や XM の構造物(Resonator、XMP など)を操作することができます

Access Points (AP) and Level

アクセス ポイント(AP)とレベル。アバターを囲むバーの数が現在のレベルを表します。AP メーターは XM メーターの上のバーに表示されます。AP を獲得するとこのメーターが上がります。

Exotic Matter (XM) meter

エキゾチック マター(XM)メーター: XM は Scanner のエネルギー源となるもので、XM を取得することでアクション(Portal の Hack、Resonator の設置、Portal のリンクなど)を起こせるようになります。外へ出て、できるだけ多くの XM を集めましょう。XM は Scanner 上では光る粒子のように見えます。

OPS menu

[OPS] メニュー。[OPS] をタップすると、インベントリやエージェント プロフィール、トレーニング ミッションなど、 Scannerの設定に移動できます。

Portal

ポータル。XM の構造物の 1 つで、Portal を Hack すると ITEM を取得できます。Portal を 3 つリンクすると Control Field を作ることができます。Resistance の Portal は青、Enlightened の Portal は緑、中立の Portal はグレーで表示されます。

Agent position and action range

エージェントの位置とアクション範囲。エージェントの位置は青または緑の矢印で示されます。エージェントを囲む円はアクション範囲、つまりアクションを起こすことができる領域です(たとえば、Portal を Hack するには、Portal がアクション範囲内になければなりません)。

COMM

[COMM] タブ。スワイプすると、他のエージェントと交信できます。

BE AWARE

ingress_niantic5

日本語で言えば、「注意!」の意味なんでしょう。ですが最初は何を注意するのか、よく分かりませんでした。ですがここで注目するのは、NIANTICpasscodeです。

NIANTIC

NIANTICは、Ingress Field Guideで説明されていますが、どうやらこれ自体が秘密のプロジェクトらしい。説明している自分が言うのも何ですが、はっきり言って何なのかよく分かりません。

ただ、Niantic Project @NianticProjectのツイッターアカウントで、説明書きやタイムラインを読んでいると、Ingressの情報を小出しで教えてくれるみたいです。

passcode

ingress_niantic6

Ingressの日本語非公式wikiを読むと、メールに記載されているパスコードを画面に入力すると、AndroidアプリやIntel MapからAPやXMを入手できるようです。
次回の記事では、パスコードの入力について書いてみましょう。

〔参考サイト〕