1. TOP
  2. あれこれ
  3. Tips
  4. 「いいね!」ボタンや「鳥マーク」の使い方~FacebookとTwitterのブランドリソースについて

「いいね!」ボタンや「鳥マーク」の使い方~FacebookとTwitterのブランドリソースについて

|

FB-f-Logo__blue_144

最近は、ブログやWebサイトなどでFacebookの「いいね!」マークや、Twitterの「鳥マーク(?)」などを見かけることが、すっかり当たり前のようになっています。

見る側としては、あまり気にならないことなんでしょうが、使う側にとっては、「ホントにこれ使って大丈夫なのか?」と気になるところでもあります。で、いろいろと調べてみたら、やはり、各プラットホームサービスの意向に反する使い方は,できないみたいです。

Webサービスやアプリのログインボタンを見ていると、イラストレーターなどのベクターソフトで、自作をされているものを見かけますが、それなりの理由があったんですね…。

今回の記事では、そのメジャーなプラットホームサービスの中でも、Facebookとtwitterで使えるブランドリソースについて、見ていきましょう。

Facebookの場合

Facebookのロゴやリソースを使いたい場合、こちらのリソースセンターでダウンロードすることになっているようです。ロゴやバッジの他に、おなじみのタイムラインの見本として使えるスクリーンショットも案内されています。

ロゴやバッジで使えるのは、以下の4種類となっているようです。

FB-f-Logo__blue_144

FB-LikeButton-online-144

FB-ThumbsUp_114

FB_FindUsOnFacebook-144

Do’s and Don’tのページを見ると、ロゴやバッジなどの使い方が紹介されています。

Twitterの場合

Twitterの場合、こちらのブランドガイドラインから、ロゴをダウンロードできるようです。

EPS形式とPNGで4種類ほどダウンロードして使えるようですが、PNG形式では、なぜか白地に青色の鳥マークの分しか使えないようです。

Twitter_logo_blue

また、Facebookでも使用上のガイドラインについて説明されていましたが、Twitterでは画像を用いて、より詳しく説明されています。