1. TOPTOP
  2. あれこれ
  3. 朝ドラ おかえりモネ(2021年前期作品)のあらすじについて

朝ドラ おかえりモネ(2021年前期作品)のあらすじについて

okaeri_mone_arasuji_0

2020年5月27日水曜日にNHKドラマトピックスが公開した記事によりますと、2021年前期に放送するNHK朝ドラとして「おかえりモネ(ヒロイン:清原果耶さん)」が放送されることが明らかになりました。

おかえりモネのあらすじ ヒロインの生年は1995年

NHKドラマトピックスのページで「おかえりモネ」は現代ドラマであることを強調した上で、あらすじとして以下のように書かれています。

宮城県気仙沼湾沖の自然豊かな島で、両親・祖父・妹と暮らしていた永浦百音(ももね)。2014年春、高校卒業と同時に気仙沼を離れ、ひとり内陸の登米市へ移り住むことに。大学受験にことごとく失敗、祖父の知り合いで登米の山主である、名物おばあさんの元に身を寄せたのだ。

また永浦百音の生まれ年は1995年という設定です。ヒロインの設定として「1995年生まれ」というのはもっとも最近に生まれた架空人物ということになるのではないでしょうか。

NHKが運営している「朝ドラ100」のサイトを見て確認すると、次に若いヒロインは「あまちゃん(2013年前期作品)」で1992年に生まれたことになっている天野アキ(能年玲奈さん)になると思います。

時代がかったドラマが得意なNHK朝ドラで、8年ぶりの現代劇がどんな作品になるか注目が集まるところです。