1. TOPTOP
  2. あれこれ

鎌倉殿の13人と源実朝〜鎌倉幕府の三代将軍・源頼朝と北条政子の次男で小倉百人一首・勅撰和歌集の歌人

|

kamakuradono_13_sanetomo_0

「鎌倉殿の13人」の制作が発表されたときのNHKのホームページをには、源実朝(みなもとのさねとも)に関する言及があリます。そのうちキャストの発表があるかもしれません。

幕府を開き将軍となった頼朝。だがその絶頂のとき、彼は謎の死を遂げた。偉大な父を超えようともがき苦しむ二代将軍・頼家。 “飾り” に徹して命をつなごうとする三代将軍・実朝。

引用した文章にあるとおり、源実朝は源頼朝の息子で鎌倉幕府第三代将軍で、かつ和歌をたしなむ歌人でもありました。

源実朝は小倉百人一首の歌人

源実朝は、制作発表の時点で「鎌倉殿の13人」のストーリーで語られているように、常に死が伴う危うい存在でした。そのことは源実朝が読んだ和歌にも、常日頃から不安定な立場を嘆いていたようです。

世(よ)の中(なか)は常(つね)にもがもな渚(なぎさ)こぐ
海士(あま)の小舟(をぶね)の綱手(つなで)かなしも

「世の中は無常だが、変わらないままであってほしい。広い海の波打ち際で漕ぐ漁師の小舟が綱を引く様子は、しみじみとしていて趣深いなぁ」という意味。

意味はNHK for Schoolのページから引用させていただきました。

源実朝は源頼家の息子・公暁に暗殺される

源実朝の不安な心情は最悪の形で実現します。彼は1219年に鶴岡八幡宮を参詣した際に、甥の公暁(兄・源頼家の息子)に暗殺されます。その死後も不幸は続き、首が一時行方不明になってしまったそうです。

神奈川県・秦野市には源実朝が葬られとされる首塚が史跡として残っていますが、あくまでも伝聞の域を出ていません。非業の死を遂げてもなお苦しい立場に置かれた源実朝はキャストは誰になるんでしょうね。

「鎌倉殿の13人」の残りの登場人物・キャストについて

「鎌倉殿の13人」が第1回が始まる前の時点(2022年1月7日金曜日)で、まだキャストが決まっていない人たちにスポット当てた記事です。ご興味のある方は引き続きどうぞ。