1. TOPTOP
  2. あれこれ

直秀 死因は刺殺 私的な死刑で鳥辺野で死亡か NHK大河ドラマ「光る君へ」 第9回 直秀役(毎熊克哉さん)

|

hikarukimie_naohide

直秀の最期

直秀(毎熊克哉さん)の死体が鳥辺野に捨てられている!なぜ直秀は死亡したのか?

光る君へ 直秀 鳥辺野で「処刑」

NHK大河ドラマ「光る君へ」の第9回で、東三条殿(藤原兼家の屋敷)で盗みを働いた罪で、放免(検非違使庁の下級役人)に捉えられた散楽師の直秀。兼家の三男・藤原道長が、看督長(かごのおさ)に賄賂を渡してまで罪を軽くするようにお願いしたのになぜ?

直秀やその盗賊一味の罪は「流罪」とされましたが、「流罪」は「流罪」でも、「鳥辺野への流罪」となったそうです。ここで注目すべきは「鳥辺野」とは、「死体の捨て場」ということです。

光る君へ 直秀は死亡後に鳥葬に

「光る君へ」の時代設定は平安時代中期です。この頃は今と違って、人が亡くなっても火葬をするという概念はありません。ほとんどの場合は、人が亡くなってもそのあたりの路上に放置か、もしくは死体が鳥辺野に運び込まれるくらいです。

鳥辺野に連れて行かれるということは、その死体は鳥についばまれることです。いわば「鳥葬」です。直秀たちは「鳥辺野への流罪」ということで、そこで刺されて殺されたと考えられます。

NHK大河ドラマ 光る君へ 放免とは?

放免(ほうめん)とは検非違使庁の下級役人のこと 犯罪者の捜索・逮捕を担当 NHK大河ドラマ「光る君へ」の放免の意味

NHK大河ドラマ 光る君へ たねの最期

光る君へ たね 最期 死因は天然痘かはしか 疫病で死ぬ NHK大河ドラマ「光る君へ」第13回 第16回

NHK大河ドラマ「光る君へ」 参考文献