1. TOPTOP
  2. あれこれ
  3. クライマックスシリーズファイナル パ・リーグ 中止の場合は予備日に順延(10月15日と16日) #クライマックスシリーズ #台風19号 #埼玉西武ライオンズ #福岡ソフトバンクホークス

クライマックスシリーズファイナル パ・リーグ 中止の場合は予備日に順延(10月15日と16日) #クライマックスシリーズ #台風19号 #埼玉西武ライオンズ #福岡ソフトバンクホークス

cs_final2019_p_taifu19_0

10月10日(木)午前4時ごろ小笠原諸島近海を西日本から北日本に向けて移動している、大型で猛烈な台風19号(ハギビス)の影響により、パ・リーグクライマックスシリーズファイナルステージ 「埼玉西武ライオンズと福岡ソフトバンクホークス」の試合開催(第4戦)が危ぶまれています。

10月12日(土)の第4戦は中止・順延の可能性も

第1戦では福岡ソフトバンクホークスが埼玉西武ライオンズに2-1で勝利したため、クライマックスシリーズシリーズのルール上、10月12日(土)の試合は行われることになります。

NPB.jp 日本野球機構(パ・リーグ)が発表している試合日程によりますと、10月15日(火)と16日(水)に「予備日」を設けています。天変地異など不測の事態で試合が中止となった場合は試合が順延になると推測されます。

ただしその「予備日」は2日しかありません。3日以上の順延があり、かつ勝者が決まらない場合についてはどのように決着をつけるかは不明です。

首都圏の各鉄道会社では計画運休を検討中

TwitterのNHK@首都圏認証済みアカウント(@nhk_shutoken)が10月9日(水)に投稿したツイートによりますと、首都圏の鉄道各路線では、台風19号接近時の計画運休がすでに検討されています。メットライフドームで試合そのものを行うことができたとしても、観客の利便性を考慮して試合中止になるかもしれません。

週末にパ・リーグのクライマックスシリーズファイナルステージの観戦を予定されている方は、試合の開催状況とともに、最寄りの自治体や報道機関から発信される台風19号の進路と関連する災害情報を常にチェックをしておきましょう。

セ・リーグの情報も確認を

クライマックスシリーズファイナル セ・リーグ 中止の場合は予備日に順延(10月15日と16日) #クライマックスシリーズ #台風19号 #阪神タイガース #読売ジャイアンツ

なお10月12日(土)にクライマックスシリーズファイナル セ・リーグ「読売ジャイアンツ-阪神タイガース」の観戦を予定されている方は、こちらのページを参考にしてください。

2019年10月9日(木)17:06追記

埼玉西武ライオンズ球団から台風19号接近時の対応について、公式Webサイトで発表されています。台風の進路次第では試合中止となる可能性もありうるとのことです。試合開催の有無についてオフィシャルサイトで確認しましょう。