MENU

朝ドラ ブギウギ あらすじ〜笠置シヅ子をモデルとした歌って、踊って、ウキウキ、ワクワクのお話

bugiugi_arasuji_0

2023年後期にNHK朝ドラ第109作としてブギウギが放送されることが明らかになりました。モデルは戦後に「ブギの女王」と呼ばれた笠置シヅ子さんで、その人生をベースとして歌って、踊って、ウキウキ、ワクワクのストーリーが展開されます。

目次

NHK朝ドラ ブギウギのあらすじ

大正の終わりごろ、大阪の下町の小さな銭湯の看板娘・花田鈴子は、歌って踊るのが大好きな天真爛漫(てんしんらんまん)な女の子です。やがて、小学校を卒業した鈴子は「歌と踊りでみんなを笑顔にしたい」と思うようになり、道頓堀に新しくできた歌劇団に入ります。必死に稽古にはげんだ鈴子は、メキメキと成長、抜群の歌唱力で頭角を現していきます。

昭和13年、鈴子は上京します。そこで、ある人気作曲家と出会い、大きく運命が変わります。鈴子は、作曲家の指導を受け、“スウィングの女王”と呼ばれ人気ものになっていきます。

上記の文章は2022年6月24日金曜日に発表されたNHKのホームページから引用しました。この後にも文章は続くので、朝ドラ ブギウギの内容をもう少し詳しく確認することができます。

銀河テレビ小説 わが歌ブギウギのあらすじ

ただNHKアーカイブスでは、1987年にNHKで放送された銀河テレビ小説 わが歌ブギウギという番組も保存されており、このお話にも笠置シヅ子さんがドラマの中に登場します。

朝ドラ ブギウギのあらすじが気になる方はこちらのページも確認してみましょう。

bugiugi_arasuji_0

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次