1. TOP
  2. Webサービス
  3. WordPressのコードが分からないときはCodexとPHP マニュアルを調べよう!

WordPressのコードが分からないときはCodexとPHP マニュアルを調べよう!

Wapuu

はじめてWordPressをカスタマイズする方にとって、WordPress CodexPHPマニュアルで「調べる」という習慣をつけることが大切です。

the_title()とsprintf()の解説

例えばWordPress公式テーマのひとつである、TwentySixteenのtemplate-parts/content.phpを見ると、the_title()ではじまる文字列があります。そのあとには、sprintf()という見慣れない文字列もありますね。

content_php_the_title_sprintf_added

これらは何を表しているのでしょうか?それぞれ図でまとめてみました。

the_title()について

function_the_title

引数と合わせると、投稿タイトルの前後に<h2>タグと<a>タグをつけて出力していることが分かります。

sprintf()について

function_sprintf

“%s”に投稿ページのパーマリンクが入力されるため、投稿タイトルが表示されると同時にリンクもつきます。

Chrome developerツールで検証

chrome_developer added

Chrome developerツールで検証してみると、the_title()とsprintf()に関わる投稿タイトルとタグが、出力されていることが分かります。

[amazonjs asin=”4798130931″ locale=”JP” title=”一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本”]

[amazonjs asin=”4798119873″ locale=”JP” title=”PHP逆引きレシピ 第2版 (PROGRAMMER’S RECiPE)”]

〔参考サイト〕