1. TOP
  2. Webサービス
  3. Android
  4. Android StudioをインストールしてもSDK Managerが使えなかったのでAndroid SDKを手動でインストール!

Android StudioをインストールしてもSDK Managerが使えなかったのでAndroid SDKを手動でインストール!

android_sdk0

ドットインストールで、Androidアプリ開発入門のレッスンを学習しようとした時のことです。その中で、#03 Android SDKをインストールしようを見ると、当然のごとくSDK Managerがインストールされていて、すぐ設定ができるように説明がされています(0:17)。

ところが、自分がインストールしたAndroid Studioは、どういうわけかSDK Managerが使えません。

android_sdk1

ぐぐって調べていくと、Stack Over flowやAndroid開発のドキュメンテーションで、「手動でやってみなはれ」という説明にいきつきました。

Android SDKの手動インストール

というわけで今回は、Android SDKを手動でインストールしてみましょう。ちなみに、SDKをインストールするための前提条件は、以下の通りです。

  • ローカルPC→Windows8.1
  • Java→jdk-7u71-windows-x64.exe
  • Android Studio→Beta v0.8.14

Android SDKのダウンロード

android_sdk2

Android SDKダウンロードページにアクセスして、ADT(Android Developer Tool)をダウンロード。

zipフォルダの解凍とsdkフォルダの取り出し

android_sdk3

adt-bundle-windows-x86_64-20140702.zipという名前のzipフォルダを解凍して、中からsdkという名前のフォルダを取り出す。

sdkフォルダの配置

android_sdk4

取り出したsdkフォルダは、画像の通り、android-studio直下に配置。

SDK Managerの確認

android_sdk5

再度、Android Studioを立ち上げ、Configureボタンを押す。するとSDK Managerが表示され、各設定が可能となる。

まとめ

android_sdk6

Android Studioのダウンロードページを見ていると、Android SDKも同梱されているように書かれているだけに、ずいぶん戸惑いました。

そういえば、Android Studioの開発環境は、しょっちょう変わると聞いたことがあります。今回もその一環かもしれませんね。

〔参考サイト〕